NEW

元プロサッカー選手が教える「同じトレーニングで効果を上げる方法」

【この記事のキーワード】

 もし、トレーニング中、エクステンション、力を入れてダンベルやバーベルを上げた後、もしくは、自重トレーニングでエクササイズを1回行った後に

①元の姿勢に戻る動き

 これを、特に意識せずに行っている方は、戻す動作を意識的に行うだけで、格段に負荷が上がり、効果が高まります。

 トレーニング内容にもよりますが、戻す動作を5秒かけてみて下さい。難しければ、最初は3秒でも大丈夫です。

 重い重り、厳しいエクササイズになればなるほど、そして、回数セット数が上がれば上がるほど、戻す動きを時間をかけてゆっくり行うのはきついです。

 そして

②戻した後に次の1回に入るまでに休憩しない

 たとえば、ベンチプレスにしても、ゆっくり下ろしてきて一瞬、胸元で止めて

「ふんっ」

 と力を入れて次の1回に入るのではなく、

 下ろしてきて胸にバーベルが着くか着かないかの瞬間に次のセットを始める!

 これがまたきついです!

 しかし、きついから効果が出る!

 最初は最大可能な回数が落ちてしまってでも、この2点を意識して行ってみてほしいです。

 こういう部分も妥協せずに行うのは、本当に自分への厳しさが必要です。

 正直、私は本当に自分に対して甘いな〜と思います。

 1回と1回の休憩の時間…

 セットとセットの間の休憩時間…

 そして、トレーニングから次のトレーニングの休憩時間…

 サッカーの試合は90分ですが、選手がボールを触っている時間って、正味、何分間くらいだと思いますか?

 正解は、約2分と言われています。

 残りの88分は、走ったり、歩いたり、ダッシュしたり…。

 それと似ていて、ジムでトレーニングしていても、実際にトレーニングしている時間よりも、休憩している時間の方が長いことが多いです。

 ですので、休憩時間をしっかりとオーガナイズできれば、同じメニューを行うとしても、トレーングの効率を上げたり、トレーニング時間自体を短く出来たり、心肺機能、負荷を高めることが可能です。

 行うトレーニングの方ばかりではなく、それ以外の時間についても、同じように大切に考えて計画を立ててみてはいかがでしょうか?

Pick Up

元プロサッカー選手が教える「同じトレーニングで効果を上げる方法」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ