NEW

インスリンの役割(基礎)

【この記事のキーワード】

こんにちは、佐々木慎太郎です。

前回は糖質についてお話をさせて頂きました。

その中で栄養素を身体の中に吸収するためには、インスリンを分泌することが重要になるという話をしました。

そこで今回はインスリンの役割についてお話をします。

インスリンとは何?どんな働きするの?ということですが、

すい臓のランゲルハンス島(ランゲルハンスさんが見つけた)のβ細胞から分泌され、血糖(グルコース)やアミノ酸、カリウムを骨格筋に取り込ませることができます。

ランゲルハンス島のβ細胞が壊れてしまうとインスリンが分泌されなくなります。

1型の糖尿病がこちらですね。2型は体脂肪の蓄積によりインスリンの働きが悪くなってしまい、分泌はしているけど働きが悪くなっている状態です。

β細胞が遺伝やなんらかの理由で分泌されなくなったり、働きが悪くなると、インスリン注射を打たないといけなくなります。

脂肪細胞に働きかけると、脂質を脂肪細胞に取り込んだり、過剰な血糖を脂肪細胞に入れて体脂肪(中性脂肪)に変化させて貯蔵することができます。脂質は身体の中にないとホルモン生成がうまくいかなくなります。過剰であることが問題なだけで、適度にあることは身体の機能を適切に保つためにも重要となります。

骨格筋に作用すると、グルコースとアミノ酸を取り込み、筋タンパク質の合成を促進します。骨格筋のグリコーゲンの貯蔵として、解糖系の運動をするときに筋グリコーゲンが枯渇してしまうと、解糖系の運動ができなくなり、パフォーマンスが落ちる原因にもなります。なので骨格筋の中にグリコーゲンを貯蔵するためにも非常に重要になってきます。

肝臓の糖新生を抑制し、グリコーゲンの合成を促進します。

糖新生はグリコーゲンが足りないときに起こる反応です。

食べたものをいったん取り入れようと働きかけるのがインスリンの役割となります。

それと対になるのが、グルカゴンというホルモンになります。

こちらに関しては次回お伝えします。

インスリンの役割(基礎)のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ