NEW

睡眠×有酸素運動で減量

今回は減量を加速させる掛け算のご紹介!

ルールは3つだけ!

参考にしてみてください。

ルール①

「睡眠時間は7時間以上は確保する。」

睡眠不足だと、ストレスホルモン(コルチゾール)が多くなり痩せホルモンの成長ホルモンの分泌を阻害してしまいます。

つまり睡眠不足だと成長ホルモンの量が減ってしまい脂肪の分解を阻害してしまいます。

※成長ホルモンは睡眠中にいっぱい出る

 

ルール②

「少し空腹な状態で寝る。」

空腹状態の方が痩せホルモンの成長ホルモンの分泌が高くなります。

空腹が気になって睡眠時間が短くなることもあるので、バランスの取り方がキーになります。

 

ルール③

「起床後に有酸素運動」

寝ている間に糖質エネルギーが枯渇するので、有酸素運動で脂肪をエネルギーとして使ってくれる。


ここまでのルールをしっかり守り、

睡眠×有酸素運動で減量を促進させましょう。

「睡眠×有酸素運動」のデメリットは筋肉を減少させてしまうので、期間は2ヶ月になりますのでご注意を!

睡眠×有酸素運動で減量のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ