NEW

果糖の有害性について

こんにちは!

神楽坂・池袋で活動しているフリーランスパーソナルトレーナーのふっかです。

 

今回は

 

果糖の有害性

 

についてご紹介していきたいと思います。

果糖は主に果物や清涼飲料水などに含まれているものですが、これがどのくらい体に悪影響を及ぼすのか?解説していきたいと思います。

 

果糖とは?

果糖とは糖質の種類でいうと”二糖類”に分類されます。

二糖類とは単純に分子が2つある糖質のことです。

冒頭でも説明しましたが、果物や清涼飲料水などに含まれていることが多いです。

清涼飲料水などに含まれているのは厳密には”果糖ぶどう糖液糖”として含有されています。この果糖ぶどう糖液糖もかなりの悪者なので注意してください。

 

果糖の有害性①
〜老化を早める〜

果糖は老化を早めます。

糖化反応、という言葉は皆さん聞いたことあるでしょうか?

糖化反応は細胞を劣化させてしまうなどの悪影響が身体に起こってしまうのですが、果糖のとり過ぎは糖化反応起こりやすくなります。それもブドウ糖の10倍とも言われています。

糖化反応が起こるとコラーゲンが大量に消費されてしまいます。体内からコラーゲンがなくなるということは肌の艶や張りがなくなることに繋がりますよね?そうです、シワや肌荒れの原因となってしまうのです。

 

果糖の有害性②
〜糖尿病を助長する〜

果糖は通常のブドウ糖と違って、血糖値が上がりにくいです。

よってインシュリンが出にくくなります。

ここまではいい点かもしれませんね。糖尿病の方でも甘いものが食べたくなったら果物を摂取すれば血糖値はそこまで上がらないから影響も出ないでしょうから。

しかし、果物をずっと食べていたり、果糖の大量摂取が続いてしまうと、

脳が【甘いものを食べた=果糖】というように誤認し始めてしまうのです。

例えば、ずっと果糖を摂取していたとして、甘いものを食べているのに血糖値が上がらない、故にインシュリンが出ない。というような日々が続いたとしましょう。しかし急にブドウ糖などの他の糖質を摂取しても、脳は【甘いもの=果糖】という認識でいるため血糖値はあがらず、インシュリンが出てくれません。

これを”インシュリンの抵抗反応”というのですが、この反応がでてしまうせいででなくてはいけないところでインシュリンが出てくれないので、結果血糖値が高い状態が続いてしまい、糖尿病になりやすくなってしまう、ということです。

 

果糖の有害性③
〜中性脂肪を蓄積する〜

果糖は中性脂肪を蓄積しやすくします。

果糖は吸収過程においてATPの生成や貯蔵量を無視してどんどん作り出してしまう。通常のブドウ糖などであればATPはこれ以上作らなくていいよ!となると勝手に次のATPを作ることを停止してくれます。しかし、果糖はATPをどんどん生成していってしまうため、結果ATPを使い切れずに中性脂肪として体内に蓄積されやすくなってしまう、ということです。

なので果物ダイエットのような果物だけを食べて痩せる、というようなダイエット法はあまりおすすめではありません。

 

YouTubeでも果物ダイエットについては解説しています。

 

果物がだめというわけではない!

ここまで果糖の身体に与える有害性を紹介しましたが、果物がだめ!というわけではないです。

果物に含まれている果糖はいうても数グラムです。果物にはそれ以上にビタミンが豊富に含まれているので、積極的に”バランス良く”摂取していきましょう。

逆に清涼飲料水、100%ジュースなどに含まれている果糖は数十グラムと、超大量に含まれているので上記で紹介した悪影響が出やすくなってしまいます。

なので清涼飲料水や100%ジュースなどの摂取には今後気をつけていきましょう。

 

終わりに

いかがでしたか?

果糖の体に与える有害性に関して今回は紹介させていただきました。

今回の記事を今後のご自身の食事の参考にしてください。

お問い合わせは下記からお気軽にご連絡ください😊

各種SNSもぜひ御覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

パーソナルトレーナーふっか 公式サイト

http://site-999758-3365-1845.mystrikingly.com/#home

 

パーソナルトレーナーふっか 公式LINE@

 

パーソナルトレーナーふっか 公式ブログ
Fukka Fitness Lab〜本物の知識をあなたに〜

http://fukka-fitness.com/

 

YouTube ふっかchannel

https://www.youtube.com/channel/UCcSTo-nMy61O8I_dyKJ5ryw/

 

Pick Up

果糖の有害性についてのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ