NEW

くびれをつくりたければ、ひねれ!

【この記事のキーワード】

, ,

 くびれを作るためには、ひねる動作と腹筋でも、脇腹の筋肉を鍛えてあげるのが一番手っ取り早そうです。

 筋トレの原理としては筋繊維の破壊と修復の繰り返しになりますが、壊すためには、その筋肉を可能な限り大きく動かす必要があります

 そして、お腹周りの筋肉は上下の動きだけでは可動域が少ないため、ひねってより大きく動かしてあげる必要があります。

 逆に言うと、ツイストのような動きの際に膝と肘をくっつけようとしても、お腹や脇腹の部分が動いていなければあまり意味がありません。

 ですので、お腹から動かす、雑巾を絞るようなイメージでお腹をひねってトレーニングすると効果が高いと思います。

 そして、ツイストなどのトレーニングはなんとなく左右交互に行がちですが、効果を上げるためには同じ方向だけを連続でやっるほうが、筋肉は壊れやすいです。

 左右交互にやってしまうと、一回やって一回休んで…という形で、両方の腹筋に休憩の時間を与えてしまうからです。

 セット中、休憩はなるべくない方がいいので、同じ方向を連続してやってみてください。

くびれをつくりたければ、ひねれ!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ