NEW

陰陽調和論とは?・・・

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナの坂口です。

本日は『陰陽調和』についてです!

 

陰陽調和論ってなに?

陽と陰が調和することによって、身体も宇宙もバランスが保たれて、これが崩れた時に病気になる言われています。

このバランスに関する学問が、「陰陽調和論」というものです。

陰陽思想をちゃんと理解すると、身体を温める食材、冷やす食材などが理解しやすくなるんです。

 

季節ごとの野菜にも陰陽

夏に収穫されるきゅうり、ナス、トマトなどは、陰性度が高い野菜で、これら夏野菜は身体を冷やす効果があります。ちなみに、白砂糖や果物も身体を冷やしてしまう極陰性です。

一方、根菜類は身体を温めてくれる陽性の食べ物です。

生のままで食べると陰ですが、熱を加えたり、油を使ったり、塩辛くしたりすると陽性に変わるといった感じです。

 

 

夏はクーラーの温度を少し高めに設定する

生野菜や果物、酢の物、アイスクリームの量をほどほどにする
冬は根菜類やしょうがを摂取し、体を温める
こうしたポイントを意識して、自然界の陰陽をきちんと受けとめる。そして食べ物の力を借りながら、身体の中の陰陽バランスを保っていくことが重要です。

玄米を主食にして、体を温める力の強い常備菜と季節の野菜を盛りこんだ食卓にすることで、陰陽バランスを保てる理想的な食事となります。

 

陰陽の特徴

温暖な地域や寒冷な地域で栽培されるもの、色や形で見分けることができます。

身体を温めたいからといって陽性の食品ばかり摂取していては、栄養が偏り、不健康になってしまいます。

食品の栄養素や身体での働きを理解し、陰と陽をバランスよく(陰陽調和)摂取していく必要があるんです。

 

まとめ

陰陽と聞くと、ちょっとウソくさいと感じてしまう人もいます。ただ、「身体を温める」「身体を冷やす」という言い方だと、なじみがある人も多いんじゃないでしょうか。

陰陽調和論とは?・・・のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ