NEW

野菜パーフェクトガイド

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナの坂口です。

みなさん日本の料理って、納豆をはじめネバネバ系が愛されていますよね。     苦手な人も多いですが、その中で人気のある野菜がオクラです。

 

 

オクラの栄養素

オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタンアラバンペクチン、といった食物繊維です。

ペクチンは整腸作用を促しコレストロールを排出する作用や便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があると言われています。βカロテンがレタスのおよそ3倍以上も含まれているようです。

オクラに沢山含まれているカリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。

また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。また、カルシウムは骨を生成する上で欠かせない成分です。骨を丈夫にし、健康を維持します。また、イライラの解消にも効果があります。

 

オクラを選ぶポイント

オクラは、まず色が鮮やかであるのを選びましょう。

産毛がしっかりと残っているのも目安です。逆に、切り口や部分的に茶色くなっている物は古くなっている可能性があるので避けてください。

また小さめの方が味は美味しい事が多いです。大き過ぎると育ち過ぎて苦味が出始め美味しくないので、小ぶりの方が無難。柔らかい弾力がある物が美味しいです。

 

オクラをもっと知ろう

刻んだ時にぬめぬめした粘り気が出るが、この粘り気の正体は、ペクチン、アラピン、ガラクタンという食物繊維で、コレステロールを減らす効果をもっています。

他の栄養素としては、ビタミンA、B1、B2、C、ミネラル、カルシウム、カリウムなどが含まれるため、夏ばて防止、便秘・下痢に効く整腸作用などが期待できます。

粘り気を外に出さないように、さやのままやさしく加熱する料理も。穀粉と一緒に加熱する、酸味の水に漬ける、先に油通ししておくなど、粘り気を抑えるための調理法があります。

 

まとめ

食物繊維も他の栄養素も豊富なオクラ。納豆と一緒に混ぜたり、お味噌汁に入れるなどさまざまな調理法がありますよね。普段の食生活に、ぜひオクラを食べるようにしてみましょう!

野菜パーフェクトガイドのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ