NEW

ダイエットに有酸素運動はよくない?

【この記事のキーワード】

, , ,

写真ACより

 ダイエットを目的に、有酸素運動を取り入れている方は多くいらっしゃるのではないかと思います。

 個人的には、ダイエットやトレーニングにもランニングは推奨派です。

 しかし、ダイエットを目的とした場合、“過度な”有酸素トレーニングはかえって逆効果という説があるようです。

 理由としては、身体が代謝を抑えようとしてしまう所にあるようです。

 なぜそういったことが起きるかというと、やはり身体は正直なので、有酸素トレーニングでエネルギーを消費すると、その分の代謝を抑えようとする働きが強くなります

 ですので、基礎代謝(普段の生活で何もしない状態でも消費されるエネルギーのこと)が下がってしまうようです。

 もちろん、普段トレーニング以外の時間でのエネルギー消費がいい方は、ダイエットには効果的なので、基礎代謝は高い方が望ましいと思います。

 では、どうすればいいのか?

 結論としては、適度な有酸素トレーニングと筋力トレーニングを組み合わせるのがおすすめです。

「筋トレは、腕や足が太くなってしまうのでは?」と思われがちですが、負荷の掛け方や回数などをしっかりとおさえておけば身体は引き締まっていき、かつ筋肉量が多くなるので、消費されるカロリーが多くなり、相乗効果が期待できます。

 そして有酸素運動ですが、開始してからおよそ10〜15分後から身体が温まり、エネルギー消費が始まるといわれているので、タイマーなどで測って10分を過ぎたあたりから

「そろそろ、エネルギーが消費され始めているな…」

と意識しながら、20〜30分は頑張りたい所です。

 速く走る必要はなく、肩甲骨の動きを意識しながらゆっくりとしたジョギングやウォーキングで十分です。

 逆に、過度な有酸素運動はダイエットを目的とした場合は逆効果になる可能性もあるので、ぜひ注意して筋トレと有酸素運動のコラボで美ボディを手に入れてください!!

ダイエットに有酸素運動はよくない?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ