NEW

プロテインを摂取し続ける時、ここだけは気をつけて!

【この記事のキーワード】

,

以前からお話ししているように、私はプロテインを摂取せずにどこまで目標の体に近づけるかにチャレンジしています。

この意見には賛否両論あるかと思いますが、プロテインを摂取する際に気を付けるべきポイントとして、

腎臓(じんぞう)への負担

があります。

これは本当に大切なことなので、トレーニーの皆さんにはぜひ、頭の片隅に入れておいていただきたいです。

その最大の理由は、タンパク質の量が多すぎるからです。

タンパク質を摂取すると、人間の身体からは「尿素窒素」などの毒素が出てきます。このような毒素は腎臓でろ過され、体の外へ排出されていきますが、摂取するタンパク質が多すぎると、腎臓が疲れきってしまいます。

腎臓のろ過機能を酷使してしまうのは、危険度が高いそうです。

また、タンパク質の過多で腎臓が弱ると、ろ過されるべき毒素が今度は身体に回ってしまう可能性も出てきます。

個人的に、また、トレーナーとしてプロテインを摂取する際に気を付けていることは…

プロテインは摂取してもOK、ただ、量とバランスを大切に!

ということ。

あくまでも、プロテインは食事では取りきれないタンパク質を補う、という観点を忘れないことが大切だと思います。

また、腎臓が悪くなっているかどうかは「尿中のアルブミン値」を測定することでわかるそうです。

もちろん、健康な人が肉や魚などから摂取している分にはほとんど問題はありません。

健康を損なってしまうと、トレーニングを行うことも難しくなってしまいます。プロテインと腎臓の関係、ぜひ、参考にして頂ければと思います。

Pick Up

プロテインを摂取し続ける時、ここだけは気をつけて!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ