NEW

筋トレ中に遭遇する痛み

【この記事のキーワード】

筋トレをしていると3種類の痛みに遭遇します。

伸びる痛み、縮む痛み、ヤバい痛みの3つです。


伸びる痛みは筋肉が伸びている時に感じます。
ピリピリとした感じで、ストレッチ指定いる時によく感じます。
伸びる痛みは激痛!ということはあまりないのですが、この痛みを感じている時に強い負荷がかかるとケガします。途中で負荷を増やすようなことは絶対に避けてください。


縮む痛みは筋肉が縮んでいる時に感じる痛みです。
ギュウッと鷲掴みにされたような痛みです。
これは筋トレしてる時でないと感じることは少ないかもしれません。
分かりやすいのは腹筋でしょうか。仰向けに寝て背中の上半分が浮いた状態をキープしてるとやってきます。

最後はヤバい痛み。
これは文字通りケガするやつです。感じた時はひやっとしますね。
勝手な推測ですが、おそらく人間はこの痛みを感じると止まって考えると思います。
慌てて力を緩めたり、ダンベル、バーベルを放り投げたりしないよう気を付けてください。
急に負荷がなくなって怪我をしたり、他人を巻き込んで2次災害も起きかねません。


最後はイヤなやつですが、伸びる痛みと縮む痛みは筋肉に効いてる指標になります。
効かせたい筋肉に刺激が入っているか感覚をこの痛みに向けるだけで効果が変わってきます。
理想はピリピリからギュウッですが、種目や部位によっても変わりますので、どちらかはわかるように心がけたいところです。

パワーリフティングではあまり必要とされないかもしれません笑。

筋トレ中に遭遇する痛みのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ