NEW

筋トレが必要⁉「腰痛」にマッサージは疑問。

【この記事のキーワード】

, , ,

おはようございます。

赤坂でパーソナルトレーニングをしています。
「睡眠時足つり改善トレーナー」の熊田です。

今回は、痛みを取るときは、「マッサージじゃなくて、筋トレが必要」

というテーマでお話ししたいと思います。

 

まず、

慢性的な『痛み』の原因には、

『筋肉に「ストレス(負荷)」が、かかっているから』という事があります。

 

つまり、

筋肉に「負荷」がかかると、その部分の筋肉が「硬く」なって、

「血流が悪く」なり、

『酸素』が行き届かなくなり、

『痛み』として症状に現れます。


この。

『筋肉に「負荷」がかかってる』ってのは、

言い換えれば、

1番、「筋肉」が頑張っているところです。

 

釣り(釣竿)に例えると、

『1番しなっているところ』です。


つまり、人間の身体でも、

生活をしていく中で、「歪んだり、重心がズレる」ことによって、

一部の筋肉が、頑張って、しなってしまうおかげで、


「酸素」が行き届かなくなることで、痛くなってしまいます。


こんな時、「酸素」を供給したかったら、

「マッサージ」

「お風呂に入る」とかで、

血流を改善させる方法があります。

 

でも、ここまで話せばなんとなくわかると思いますが、

 

筋肉に「酸素」を供給して一時的に、

「痛みが緩和」しても、

 

そもそも、「しなっている」ことを、どうにかさないと、

結局、
負荷がかかり続けているので、

また、すぐに痛みが再発してしまいます。

 

堂々巡りってやつです。

 

なので、

痛みを改善したければ、

「酸素を供給」するのと同時に、「しなりを改善(姿勢改善)」をして、

頑張らなくても良い、身体にしないといけません。

 

そして、

「姿勢を改善」するのには、

「重心の位置」や「バランスの取り方」を

覚える必要があるので、

 

痛みを解決するためには、

マッサージじゃなくて、筋トレ(エクササイズ)が必要だよ。

ってお話でした。

腰が反って痛みが出ている方は、ぜひ運動してみてください↓↓

View this post on Instagram

. 今回は、反り腰についてです。 . 反り腰の原因として考えられるのは、 . 大きく分けると3つ。 . 【1.腰の筋肉が硬い】 【2.お腹の筋力低下】 【3.太もも前側の柔軟性低下】 . この3つです。 . 【1.腰の筋肉が硬い】 腰の筋肉が硬まってしまい、背中が後ろに引っ張られている状態。 . 【2.お腹の筋力低下】 お腹の力が弱くなり、グラグラするので腰の筋肉を頑張って働かせている状態。 . 【3.太もも前側の柔軟性低下】 太もも前側の筋肉は骨盤にくっついているので、その筋肉が硬くなることで、 骨盤を前に引っ張っている状態。 そのため、骨盤が前に傾く。 . こんな感じの理由から、反り腰になりやすくなります。 . なので、反り腰を改善するためには、 . 『太腿の筋肉をストレッチ』してから、『お腹の筋トレ』をする必要があります。 . ストレッチはゆっくり5回。 筋トレは20回やってみましょう。 . ✳️ロジカル ⭕️大腿部前面の柔軟性確保により骨盤をフリーにする。 ⭕️腰背部が先行して発火しないように、骨盤後傾位で臀部優位で発火させる練習 ⭕️脊柱ニュートラルで四肢の分離運動 . . #反り腰#体幹トレーニング#腹筋#肩こり#腰痛#整体#引き締め#健康#ストレッチ#インナーマッスル#ボディメイク#ゴルフ#脚痩せ#リハビリ#トレーニング#パーソナルトレーナー#猫背#美脚#コアトレ#痩せ#ダイエット#シェイプアップ#姿勢改善#フィットネス#エクササイズ#筋トレ#ベースボディ#コンディショニング#赤坂#クマトレ

A post shared by 【睡眠時足つり改善トレーナー】熊田 純一郎 (@kumada_junichirou) on

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】

『base BODY CONDITIONING』
https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9

【Instagram】
https://www.instagram.com/kumada_junichirou

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Pick Up

筋トレが必要⁉「腰痛」にマッサージは疑問。のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ