NEW

筋肉痛=筋肉の成長?

【この記事のキーワード】

,

どうもSHINです。

皆さん筋トレをすると筋肉痛になると思います。

またはならない日もあるでしょう。

なんなら、翌日の筋肉痛が嬉しい方や嫌な方それぞれいるかと思います。

今日は筋肉痛が嬉しい、すなわちそれだけ効果があったんだ!という方に向けてお話ししたいと思います。

上記したような方は、稀に筋肉痛が来なかった日には「なんであんなにがんばったのに筋肉痛が来ないんだ…」と残念がる事があるかと思います。

ですが筋肉痛は一つの指標であり、筋肉痛かないからといって効果がないとは限りません。

確かに自分の経験などを思い返してみるとそうですね。僕は昔小学生の頃にサッカーチームに所属していた時期があり、毎日走り込みを含めた練習をしていました。その時毎日ふくらはぎから太ももにかけて筋肉痛があった記憶はないですが、サッカーチームに入ってから脚の筋肉が発達していた事を覚えています。

これが筋肉痛がなければ成長しないという理論であれば、僕のサッカーチームでの経験は起こり得ませんよね。

もともと筋肉痛はエキセントリックの動きが主に関わっていると言われています。

ということは種目でアイソメトリック、コンセントリックのものを多く含んでいたなら筋肉痛にはなりにくい結果となり得ます。

結論として

 

やはり筋肉痛は一つの指標にするべきで、筋肉痛になる為に筋トレをするとオーバーワークになり、体に不調がでる場合もありますので注意してくださいね。

ではまた!

Pick Up

筋肉痛=筋肉の成長?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ