NEW

ストレッチの驚くべき効果とは?

【この記事のキーワード】

,

 こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

 皆さんは普段、ストレッチってやっていますか? 趣味がスポーツであったり身体のメンテナンスが好きという方はやっていると思いますが、やっていない方は絶対やるべきです! 何故なら、ストレッチの効果がすごすぎるから。

 今回はそんなストレッチの効果を、順を追って説明していきます。

 

寝つきが良くなる

 寝つきを良くするためには、就寝前のストレッチが重要。ストレッチは、血液の循環を良くします。血液循環が良くなると身体が温まり、副交感神経が優位になります。副交感神経は身体をリラックスさせ、寝つきを良くします。

 つまり、身体を温める事で副交感神経が優位になるのです。就寝30分前にお風呂に入るのも効果的です。

 

疲れが取れる

 血液中には疲労物質が溜まっているので、血液循環が悪い状態では疲労物質が代謝されず、その場に留まります。つまり、血液循環を促進すれば、疲労が取れるのです。これは、他の例でも改善する事ができます。例えば、水をたくさん飲む。血液は水分ですが、脱水状態になるとドロドロになります。まるで水に泥を混ぜたような感じです。その状態では、血液はスムーズに血管内を流れる事ができません。ですので、水分補給が大事なのです。

 目安としては1日2リットルがいいと思います。

 

怪我の予防

 筋肉は関節をまたいで骨に付着しています。そのため、ストレッチをして筋肉を柔らかくすると、関節の可動域が向上します。関節の可動域が向上すると、無理な運動をした時にも柔軟性があるので筋肉が過度に伸張されず、怪我のしにくい身体になります。特に筋肉は温めるとよく伸び、寒い環境にいると硬くなります。まさに筋肉の性質はゴムと同じです。

 

クールダウンの効果

 運動後のストレッチは意味があります。もちろん怪我をしないためにストレッチをするのもそうですが、疲労を次の日に持ち越さない為であったり、筋肉が硬くならない様に予防する事でもあるのです。特に筋肉というのは使ったあとに硬くなりやすい為、運動後には必ずストレッチが必要です。

 目安は10~30分ほど念入りにしましょう。

 

パフォーマンスアップ

 特にストレッチは、スポーツでのパフォーマンスアップに繋がります。野球を例に挙げるのなら、球速アップです。速い球を投げるためには腕のしなりが必要で、そのしなりを生むには柔軟性が必須です。関節をどれだけ無理なく使えるか、これが鍵を握ります。陸上も柔軟性が武器となります。速く走る為にも大きなストライドが求められます。歩幅が大きければ進む距離が増加しますし、かの有名なウサイン・ボルトは歩幅が2.14mもあるそうです。それは速く走れますよね。パフォーマンスアップしたい方はぜひストレッチをオススメします。

 

リラックス作用

 ストレッチをする事で副交感神経を優位にし、リラックスを促す効果もあります。

 ですので、リラックスしたい時にストレッチをオススメします。特に寝る前ですね。質の良い睡眠をしたいならストレッチがいいでしょう。

 以上がストレッチの効果になります。本当にストレッチはすごいのでオススメです。疲れた時にやってみてください。

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

Pick Up

ストレッチの驚くべき効果とは?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ