NEW

日常生活のパフォーマンスを爆上げする方法!

【この記事のキーワード】

こんにちは!

Reborn TrainerのTAKEです!

 

今回は「日常生活のパフォーマンスを爆上げ」する方法について

運動生理学的根拠に基づいて説明していきます。

 

先に軽く結論から言うと・・・

人間のカラダは正しく動かすことで

パフォーマンスは勝手に上がります!

 

ですが、正しく使えている人が

少ないのが現状です。

 

カラダを正しく使うことが出来ないと

様々な症状が出てきます。

 

・腰、肩、膝などが痛む

・30分歩くとすぐ疲れる。

・階段がしんどい

など・・・

 

今は大丈夫でも

将来的に不安のある方は

是非、最後まで目を通していただけたらと思います。

 

読むのが面倒!と言う方は

最後の方に動画を貼り付けているので、

そちらで確認いただいても理解出来るかと思います✌︎(‘ω’✌︎ )

 

それでは、早速説明していきます!

 

まず始めに、人間には約260~360個の関節があると言われています。

(年齢や人によって異なるので、これだけの幅が持たれているそうです。)

これだけの多くの関節がありますが、

その内、重要な役割りとしてあるのが

たった11個だけです。

そして、この11個の関節には2つの役割りしかありません。

それは「動かす関節」と「固定させる関節」です。

動かす関節のことを「モビリティ関節」と言い

固定させる関節のことを「スタビリティ関節」と言います。

そして、この2つの役割りのことを「分離と共同」といいます。

 

あまり聞き慣れないフレーズかと思いますが、

この分離と共同というのは、人間の関節を正しく動かすためには

とても重要なことなので、

是非、覚えていただければと思います。

 

例えば、見た目で言うと・・・

偏ってついた、筋肉や脂肪なども、

この分離と共同が機能していないと、

いくら頑張ってランニングや筋トレをしても

気になる部位は、ほぼ変わらないです。

 

イメージがしやすいように

実例を2つ挙げてみます。

①ほぼ毎日、筋トレしてるけど

太ももや腕だけ細くならない!など

偏った筋肉の付き方をしてしまう。

 

②スクワットや腕立て伏せなどの

2つ以上の関節を同時に使う時(多関節運動と言います)に

肩や膝、股関節などが痛む。

 

このような症状の原因は、

正しく関節を使えていないため。

 

いわゆる、分離と共同が正しく機能していないと言うことが考えられます。

 

では、どのような形で各関節の役割りが決まっているかと言うと、

足部から頸(首)部までスタビリティ関節とモビリティ関節が

互い違いになっているだけです。

 

このような形となります↓

       

足部:スタビリティ関節

足関節:モビリティ関節

膝関節:スタビリティ関節

股関節:モビリティ関節

腰椎:スタビリティ関節

胸椎:モビリティ関節

頸椎:スタビリティ関節

肩関節:モビリティ関節

肩甲胸郭関節:スタビリティ関節

胸郭:モビリティ関節

肘関節:スタビリティ関節

手関節:モビリティ関節

 

このように、見てわかる通り、

スタビリティ関節とモビリティ関節

互い違いになっています。

 

また互い違いになっていることで、

人間本来の動きというのが

出来ると言うわけです。

 

街中を歩いていて、よく目に光景があります。

それは、すれ違う人のほとんどが股関節が動いていないことです。

10人すれ違って、股関節が使えている人は1人いるかいないか・・・です。

 

その代わりに膝の関節を使って歩いてしまっています。

先ほども記載した通り、膝の関節はスタビリティ関節となりますので、

膝を中心に歩いてしまうと膝を痛めてしまう可能性というのが

十分に考えられます。

 

まだ若いうち(20~40代)は筋肉もあり問題はないですが、

50代以上になった時には、恐らく

膝や腰に痛みが出てくると予想できます。

 

最悪のケース「変形性股関節症」になる可能性もあります。

 

ですので、1日でも早く、関節(股関節など)の使い方を覚えて

いただき、普段の生活に取り組んでいただければと思います。

 

優先度が高いのは(持論になりますが)

股関節の可動性になります。

ですので、積極的に

股関節が動くようなトレーニングを取り入れていただけると

いつまでも若々しいキレイな姿勢でいることができちゃいます٩( ‘ω’ )و

 

普段の生活に取り入れやすい動作の一例は、階段の登りになります。

背筋を伸ばし、股関節周辺についている、大腰筋や大臀筋を使うことで

正しく股関節を使うことができます。

 

ちなみに、股関節の基本的動作方法は過去の記事でも紹介しているので、

よろしければご覧ください٩( ‘ω’ )و

 

 

 

それでは、今回はここまで♪

 

今回の記事の動画はこちらになります↓

 

本日も、皆さんにとって良い1日になりますように☆ミ

 

日常生活のパフォーマンスを爆上げする方法!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ