NEW

有酸素運動の本質を理解しよう!

【この記事のキーワード】

どうもSHINです。

皆さん有酸素運動やりますか?正直僕はプライベートであまりやりません笑

昔部活動や、学校外のジムでやらされすぎたせいですかね…。

でも、中には有酸素運動、私は好き!という方もいますよね?それと痩せる為にランニングをやってる、又はやったことがあるという方も多いはずです。

 

ですが、一般常識として走ることが痩せるということに当たり前に直結しているせいで、どういったメカニズムで痩せるのかなどを知って有酸素運動をしている方は少ないと思います。

なので、今日は有酸素運動のメカニズムとオススメのやり方をご紹介します。

 

まず、有酸素運動では脂質をエネルギーとして消費します。まあ、脂肪を使うということです。

一方で無酸素運動である筋トレでは主に糖質をエネルギーとして消費します。

これだけ見たあなた。

え。じゃあ脂肪消費してくれる有酸素運動の方が絶対いいじゃんとお思いになったと思います。

そんな事はありません。

有酸素運動では脂質を消費しやすいですが、筋トレに比べて消費カロリーは圧倒的に少ないのです。

ただその少ない中でも脂質が、主に使われているというだけです。

え、じゃあ筋トレの方がいいってこと?って思った方。

どのような体を目指すか、又目標によって答えはイエスにもノーにもなります。

単純に痩せる、体重を落とすということであれば、2つをうまく組み合わせる事がいいかもしれません。食生活などの話は一度置いておきます。

ジムなどに行って、トレーナーさんと話した事がある方はよく筋トレの後に有酸素をやるというルーティンをオススメされる事が多いと思います。

そのメカニズムとは、筋トレをやる事でまず成長ホルモンの分泌を促し、成長ホルモンは脂肪を分解する作用がありますので、それらが分泌されている状態で有酸素運動をやれば脂質を効率よく消費してくれるという事なんです。

こういった知識を知っておくと知らないのとでは運動におけるモチベーションや考え方が変わるので、なんとなくやるのではなくしっかりとしたメカニズムの理解を深めるとまた違った視点でトレーニングに励むことが出来ると思いますので、是非この知識を元に頑張ってみてください!

ではまた!

有酸素運動の本質を理解しよう!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ