NEW

鍛える順番を変えると、筋トレの効率が格段に上がる!

【この記事のキーワード】

こんにちは!
パーソナルトレーナーの阿部です!

皆さん、こんな経験ありませんか?

「鍛えたい部位を鍛えようとしたら
違う場所に刺激が入って、変な場所が筋肉痛になった」

これはトレーニングした事がある人なら
誰もが経験した事あるのではないでしょうか。

せっかくやる気まんまんで
今日はこの部位を鍛えてやると意気込んでいたのに
全く思い通りにいかないと萎えてしまいますよね。

筋肉は力学的な刺激を与えないと成長しませんので
狙った部位を鍛えるように出来ないと
効率の良いトレーニングは生み出せません。

その状態では
同時期に筋トレを始めたライバルに
すぐ抜かれてしまいます。

それでは対象部位に
効かせる事が出来ない人は何がいけないのでしょうか?

それは間違いなく「フォーム」です。

フォームがぐちゃぐちゃだと
関節を上手く動かせません。

筋肉はその関節を跨ぐように付着しているので
関節の使い方が下手だと筋肉に刺激が入りません。

関節の使い方というのは
筋トレ時の関節の角度や関節の軌道などです。

しかし筋トレのフォームの改善は
口頭で説明して全員が出来るほど簡単ではない。

そこで対象部位に効かせる為の
筋トレ方法をお伝えします。

それは鍛える部位の順番を変えてあげる

分かりやすくする為に
例を挙げて説明すると
背中を鍛えたい人がいたとします。

背中とは広背筋の事を指します。

広背筋の作用は
肩関節の内転と肩関節の伸展、そして肩関節の内旋。

その動きを可能にするのは
懸垂であったりラットプルマシンですね。

しかし
背中のトレーニングのそのほとんどは
引く(プル)動作なので肘関節の屈曲が入ってきます。

肘関節を屈曲させると
上腕二頭筋が使われます。

ですからよく背中のトレーニングで
腕の筋肉を使ってしまう方が多いのです。

そういった方には
始めに上腕二頭筋を鍛えることをオススメします。

腕をあらかじめ追い込んでおく事で
背中のトレーニングの時に腕を使えなくします。

そうすると
背中の筋肉をしっかり使うことができ
効率の良いトレーニングが出来ます。

それと筋肉の使い方
どのように力を入れるのかと言うのが
感覚で掴めるようになります。

つまり筋トレの奥深さを経験できます。

これは何も背中だけではありません。

胸のトレーニングにも同じように効果があります。

胸は大胸筋のトレーニングが多いと思いますが
大胸筋の主な働きは肩の水平屈曲です。

種目で言うと、ベンチプレスなど。

ベンチプレス動作は膝関節の伸展も行うので
上腕三頭筋(二の腕)への刺激も強くなります。

ですから、胸への刺激を与えたいなら
上腕三頭筋を鍛えてから
ベンチプレスをすると良いでしょう!

ポイントは順番を変えることです。

順番を変える事は誰でも出来ると思うので
今日から試してみてください!

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

鍛える順番を変えると、筋トレの効率が格段に上がる!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ