NEW

生活習慣病を治すには、何を信じればいいのか?

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナの坂口です。

 

はじめに

「生活習慣病は、食原病」であることがわかり、食物で病になり、食物で病が治るとされています。何を信じて行動すれば健康に近づくのか?また、正しいアドバイスをどうすれば良いのか、皆さんも悩まれたことはないでしょうか?            科学的な根拠に基づいた知識と人間が本来必要としている栄養摂取を第一に考え、その中で、食品の三次機能を意識したそれぞれ、最高の食材をお伝えしたいと思います。

 

食の3大機能とは?

食品を選択する際の目安として、オーガニック・遺伝子組み換えでないこと、フードマイレージの3要件が、選択条件の3大要因となります。

1、一次機能
「栄養機能」としても知られ、食品を食物として摂ることによって、生命維持のために体が必要とする栄養素を供給する機能。これが満たされることで健康が保たれます。

2、二次機能
「感覚(嗜好・味覚)機能」としても知られ、食欲を満たし、味覚(味)・視覚(色・盛り付け)・嗅覚(香り)・聴覚(音)などを満足させる機能。

3.三次機能
「体調(生体)調節機能」としても知られ、抗酸化作用や免疫機能の向上、老化予防など に関わる機能。

 

オーガニック

近年の健康ブームで、オーガニックという言葉も身近なものになり、健康を意識する方の多くは、オーガニックの食材や有機の表示のある商品を買い求めることが多くなってきました。本テキストも同様に、食料品の選択基準として第1にオーガニックの食材が原材料や食品であることを条件にしています。農薬まみれの食材、不自然に甘い野菜や果物、形の整った野菜などが私たちの健康を蝕んでいます。

 

まとめ

オーガニックと有機は、同じ意味で使用されています。有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JAS マークを貼ることができます。この有機JASマークがないと「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示をすることは法律で禁止されています。                                    生活習慣病は誰にでも起こります。きちんと学び、対応することで改善できることです!

生活習慣病を治すには、何を信じればいいのか?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ