NEW

ラットプル「前に引くか」「後ろに引くか」

【この記事のキーワード】

, , ,

こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

本日は背中の種目「ラットプル」についてお話しします。

ラットプルではバーを前に引くのか、後ろに引くのか、どちらがいいのか――というものです。

何か映画のタイトルのような名前ですが…。

背中を鍛えるラットプルでは、多くの人が前に向かって引くと思います。

ですから、タイトルにある画像と同じような鍛え方をするという事ですね。

では、先に前から引くか、後ろから引くか、その少しの違いで何が変わってくるのか?

引く位置を変えると使われる筋肉が変わる。

これが真実です。

前に引くのも後ろに引くのも、間違ったトレーニング法ではない事は理解しておいてください。

どちらも正しいです。

ただ、どこの筋肉に効かせたいかによって引き方を変えないといけないという事です。

それでは、もっと深く見ていきましょう。

バーを前に引くと、肩甲骨が大きく動きます。

この肩甲骨には背部最大の筋肉・広背筋が若干付着しているので、肩甲骨が動くと広背筋もよく使われます。

しかしバーを後ろに引くと、肩甲骨は固定され動きにくくなります。

ですから、必然的に広背筋の出力も低下します。

まとめるなら、広背筋を鍛えたいならラットプルはバーを前に引く

これが答えです。

それでは、バーを後ろに引いた場合は何も鍛えられないのかというと、そうでもありません。

確かに、先ほど「バーを後ろに引くと肩甲骨が動きにくくなる」と言いました。

しかし!

肩甲骨が動かない固定されている状態は、ある筋肉には有利に働きます。

その筋肉とは大円筋です。背面から見ると大円筋はこの位置にあります。

この筋肉は肩甲骨が固定される事でなお関与が増す筋肉で、逆に肩甲骨が動いてしまうと大円筋の関与は大きく低下してしまいます。

 

上の写真のように大円筋は肩甲骨の外側縁(外側)から上腕骨に付着します。

ラットプルの動きを解説するなら、バーを引くときに上腕骨が肩甲骨に近づき、大円筋が収縮するという事です。

しかし、バーを前に引くと肩甲骨が動くので、上腕骨が肩甲骨に近づいているのに肩甲骨が遠ざかってしまうので収縮できないんですよ。

まさに追いかけっこ状態で、それでは筋肉は鍛えられません。

ですから、筋肉の起始部停止部はどちらかが止まっていて片方が近づくか、双方が中心方向に向かって縮むかの二択しかありません。

もし、背中のトレーニングで悩んでいる方は、以上のことを意識してみてはいかがでしょうか?

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

ラットプル「前に引くか」「後ろに引くか」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ