NEW

なぜ解剖学を学ぶのか?それは?・・・

 

みなさん、こんにちは!
パーソナルトレーナの坂口です。

今回は『なぜ解剖学について学ぶのか?』
この疑問について話していきたいと思います。

 

1、身体コミュニケーション能力の向上

解剖学を知ることで、自己の細胞との対話能力が向上します。解剖学とは、『自分探しの旅』そのものです。

 

2、「人とは何か?」の探求

解剖学の理解は、ヒトそのものを理解することであり、相手を理解することを促します。

 

3、運動能力の開発

解剖学を活用することで、『より速く、より高く、より強く』を具現化するための手助けとなります。

 

4、ストレスマネージメント

身心はともに相関関係にあり、解剖学を学ぶことで身体を通じて心にまでアプローチすることが可能です。

 

5、身体生産性・効率性の向上

解剖学は、ムリ・ムダ・ムラのない身体操作術の習得のために役立ちます。

 

まとめ

これらを実践するにあたって筋肉が最も重要な要素であることは想像が容易ですが、ただ単に筋に対する造詣が深いより他の身体機能全体に対しても知識や対処法を熟知している方が身体の調整(Adjustment)は、より確実かつ迅速になります。

人体解剖学
動物解剖学
植物解剖学

 

なぜ解剖学を学ぶのか?それは?・・・のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ