NEW

サプリメント学~学ぶことの必要性~

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナの坂口です。

「生物とは賢いとか強いとかで生き延びるのではなく、環境に適応するものだけが生き延びる。環境に適応して変化できないものは消え去り、滅びるのである。」

この言葉を聞いたことがありますか?
チャールズ・ダーウィンの言葉です。

 

 

1、農法の変化

化学肥料や農薬の使用、ハウス栽培などの要因により、野菜や果物の栄養量は60年前と比較して50%以下に減少しています。
また、野菜は特に収穫する季節によって栄養量が変化し、旬に比べて栄養素は大幅に少なくなります。

 

2、食の欧米化

戦後、日本では食の欧米化とともに、外食産業は目覚ましい発展を遂げました。肉料理や揚げ物料理、加工食品や精製食品が食事の大半を占める一方で、微量栄養素であるビタミンやミネラルの摂取が絶対的に欠乏しています。加熱による調理では、食物酵素もそのほとんどが失われています。

 

3、流通・冷蔵技術の発達

昔、野菜は畑から採ってすぐに八百屋さんの店頭に並び、その日のうちに食卓に上がりました。現在では、畑から収穫された野菜はトラックに積み込まれ、複雑な流通経路をたどって、まず倉庫に入れられます。時には価格安定のために、長時間倉庫で保管される場合もあります。

 

4、調理による栄養素の損出

ビタミンCやビタミンB群などは調理の過程でも失われていきます。
例えば、ほうれん草を水に5分間さらすことでビタミンCが20%失われます。
その後1分茹でると更に26%失われ、カロテンも加熱により10~25%失われてしまいます。

 

5、フリーラジカルの増大

煙草、アルコール飲料、薬品、電磁波、化学物質、大気汚染、放射線などによって体内に発生するフリーラジカルは体内のあらゆる細胞を絶えず攻撃しているため、抗酸化作用の高いビタミンやミネラル、その他の栄養素を十分に摂取する必要があります。

 

6、ストレスの増大

社会的・精神的ストレス要因の増加により、抗ストレスホルモンが大量に作られ、ビタミンやミネラルを過度に消耗します。

 

Pick Up

サプリメント学~学ぶことの必要性~のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ