NEW

動作習得とは?コツを掴まないと意味がない

【この記事のキーワード】

,

こんにちは!

野球YouTuber兼トレーナーの草野球プレーヤーモトです⚾️

今回も野球の話をしていきます。

動作の技術習得について

私の考えを話していきます。

私は基本的に野球の動作の技術に関しては、
“教えられるものではない”という大前提を
持って情報発信をしています。

打撃フォーム、投球フォーム、捕球、ベースランニング等色々ありますが、結局自分でコツを掴まない限りは身につかないからです。

これは絶対です。

ただし、動作を見てこうしたほうが良いのではないかという提案をする事はできます。

この考えは私のYouTubeのチャンネルにも現れています。
草野球プレーヤーモト〜“野球上達ヒント”ch

あくまで私はヒントを与えるだけ、言い換えれば選択肢を増やすという想いを持って発信活動を行っています。

 

●指導出来るのは誰か?                   
先日、佐藤義則コーチが藤浪晋太郎選手に対するインタビューに次のように答えていました。

『正しいフォーム』という観点ではそうなのだが「じゃあ、変えなさい」とは言いづらい。(中略)本人がどうしたい、どうなりたいと考えているのか。まずはそれを優先させて、継続か変化かを選ばせることが大切だろう。』

(リンク:阪神“藤浪の今” 佐藤義則氏が分析「最低限はできている」改善か否か選択が大事)

こうした方が良いという考えはあるが、実際に強制すべきではないという意図が見えますね。

他だと落合博満さんと野村克也さんの対談している動画で気になる内容がありました。

落合さんが「俺、野球なんて教えられないよ。」という発言をしています。理由は野球を教えるのは難しいから。技術的な指導なんて出来ない…と仰っています。

佐藤義則コーチはダルビッシュ選手や田中将大選手を育てた名伯楽です。落合さんも監督時代4度のリーグ優勝に導き、さらに自身も3度も三冠王に輝いた名選手でもあります。

そんな凄い方達が意見の強制をしないわけです。ここに野球という競技の難しさがあります。
(野球に限ったことではなく、スポーツ全般に当てはまりそうですが)

 

●フォームの知識とは何か?                 
スポーツ科学の進んだ現在、投球フォームにしろ打撃フォームにしろ様々なことが動作解析がされています。投手が足を着く時はこの角度が良いとか、バットの出し方は何度がいいとか…
皆さんの中にもこういうトピックが好きな方は多いでしょう。私も好きです。

先日、内的意識と外的意識についての記事を書きました。

#6外的意識と内的意識?

内的意識とは「内腿を意識する」、「股関節の伸展筋群を使う」など身体の内部に意識を向けること、
外的意識とは「爆発的な動作を行う」、「背中が天井に引っ張られる感じ」など身体の外部あるいは抽象的な意識を持ちます。

インターナルキューイング、エクスターナルキューイングと呼んだりもします。
基本的に内的意識よりも外的意識を持った方がパフォーマンスは向上しやすいと言われているという内容もブログで紹介しました。

では、投球フォームや打撃フォームの関節の角度やバットの角度など知識的なものを意識する事はどちらになるでしょうか?私は内的意識に入ると思います。

●内的意識が役に立ちづらい理由                
内的意識である動作を得たとしましょう。
私はその動作はすぐに時が経てば崩れると考えています。動作を内的意識のみでキープすることは非常に難しいです。

皆さん、自転車に乗る場面を思い浮かべてください。
ペダルを漕ぐ時に「足の角度はこうで、姿勢はこうで」などとは考えないはずです。
“自転車を漕ぐのはこんな感じ”という“コツ”を幼少の頃に既に掴んでいるからです。

野球でも同じことが言えます。

いくら上手な選手の動作を分析して、
“これが良い動作だ”というものを見つけても、それを選手が実践するにはその選手自身がコツを掴む必要があります。
自転車に乗ってるのを見て理解するのと、実際に乗るのには大きな隔たりがあります。

そして、コツを掴んだ選手の多くは外的意識によってその動作をキープしているように感じます。

現にプロ野球選手のインタビューを見ると抽象的な言葉が連発します。

中村剛也選手は
「アウトコースはボールの外側をガンッとする感じ」
柳田悠岐選手は
「ボールの内側半分をしばきあげる」

いずれも外的意識です。彼らはこれを確かな感覚としてコツを掴んでいます。
プロのインタビュー等を聞いていると、コツの多くは外的意識なのだなと感じています。
私たちが自転車に乗るのと同じような感覚で彼らは動作を実践しているのでしょう。

そして、インタビューの内容を知った私達が真似をしてみたとします。
「こんな感じか!」…分かったような?分からないような??
勿論、この時にしっかりとコツを自分のモノにする人もいますが、9割の選手は分かった気になっているだけで実際にはコツを掴んでいないと思います。

プロの選手の映像を見て特徴を見つけ、それに近づくようにする…それ自体は良いアプローチ法だと考えています。しかし、実際に試合で投げるときも打つときも守るときも映像なんてイチイチ確認できませんし、行いたい動作を確かな感覚として掴んでおかなくてはなりません。 

理想のフォームを勉強するのは大事ですし、練習法を勉強するのも大事です。そして、その練習は”ただ意識を高く持って行う”のではなく、“コツを掴む”ために行う事が私は大切だと思います。

ピッチングの情報発信を普段していますが、よくくる質問があります。

どうしたら、その動作は身につきますか?
この質問に対して、私はシャドーピッチングとネットスローと基本お答えます。
質問者は”これさえやれば身につく”という魔法のメニューを求めている事は承知のうえでそうお答えします。

シャドーピッチングとネットスロー以上にコツを掴むために有効な手段を私は知りません。
同じシャドーピッチングというメニューでも、ただ行う場合と明確な目的を持って行う場合ではもはや別メニューだと考えています。

これらのメニューは投げる相手を気にする事なく、自分の意識したいポイントに集中して動作を行う事ができます。

その中でコツを掴む事に集中するわけです。
特にシャドーピッチングは便利で、行いたい部分だけを切り取って練習することができます。

もちろん、動作によっては変則的なメニューも知ってはいますが、滅多にそれから伝える事はありません。
変則的なメニュー(例:ヒコーキ)はある部分だけをかなり強調したメニューになるので、人によっては実際の投球動作に落とし込めないからです。
また、自分の頭で考えていないのでどこの動作を強調すべきの意識が弱く、見よう見まねでやっている事が多いです。

自分の頭で考えないタイプの人ほど変則的メニューは意味のないメニューになります。 


まとめ                      
●野球動作のコツは自分で掴むもの
●内的意識より外的意識がオススメ
●コツを掴む事が練習の目的であるべき
●意図のない変則メニューは意味がない  

                                 

さて、いかがでしたか?

理論を学ぶことは確かに大切です。

ですが、自分に落とし込むためには結局自分の感覚と向き合わなくてはいけません。
勿論、それは私自身にも言えますが、
理解することと実践することは別の話です。

理解だけでは駄目だし、
闇雲な実践だけでも駄目です。

では、どうすればいいのかのヒントを
今日の記事ではまとめたつもりです。

私もまだまだ未熟な選手です。
皆さんに負けないように、自戒も込めて書き上げました。

ここから頑張って行きます。

というわけで、本日の記事は以上となります。

この話が誰かの役に立てば嬉しいです。

 

YouTubeチャンネル「草野球プレーヤー「モト」〜野球上達ヒントch」

のチャンネル登録もよろしくお願いします🤲
では、また。

 

ピッチング上達のためのオススメ本⬇︎

1.野球における体力トレーニング基礎理論

2.ダルビッシュ有の変化球バイブル

3.ノーラン・ライアンのピッチャーズバイブル

おすすめサプリ購入サイト iHerb

⬇︎オリジナルパーカー、Tシャツ作りました!
スズリ 草野球プレーヤーモトのショップ

動作習得とは?コツを掴まないと意味がないのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ