NEW

腹筋で腰が痛くなる理由とその改善法!

【この記事のキーワード】

, ,

皆さま、こんばんは!

パーソナルトレーナーの斉藤です!

本日は、腹筋で腰が痛くなる理由とその改善方法について書かせて頂きます。

クライアント様を指導していて、腹筋のトレーニングの時に、腰が痛くなるケースがあります。

特に女性のお客様に多いです。

腰が痛くなる理由の大部分は、腰が反ってしまう反り腰が原因であることが多いです。

反り腰になると、腹筋をしようと寝た時に腰の部分が浮いてしまい、うまく腹筋が使えず、その代償として腰を使ってしまって痛めるというケースが多いです。

したがってまずはこの反り腰を改善することが大事です!反り腰の原因は、骨盤が過前傾していることが原因です!なので、骨盤前傾筋である、もも前の筋肉【大腿直筋】や股関節周りの筋肉【腸腰筋】、脊柱起立筋のストレッチ、リリースがかなり重要になってきます!

だからといって、すぐに骨盤の歪みを治す事はできません。

そこですぐにできる腹筋時の腰痛予防として、腰にタオルを敷いてやる事をお勧めします。そうすることで、タオルがクッションがわりとなり、腰の負担が減りますので腰痛予防にとても有効です。

腹筋をして腰が痛くなる人は、是非お試しください♩

今回の投稿は以上となります!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

Pick Up

腹筋で腰が痛くなる理由とその改善法!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ