NEW

筋トレと呼吸の関係性

【この記事のキーワード】

, , ,

 こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です。

 本日お話しするのは、呼吸と筋トレの関係についてです。

 呼吸と筋トレに関係なんてあるのか!? と思われがちですが、実は深い関係性があります。

 それは、自律神経との関係です。

 自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。主に人の内臓などの器官に働きをかけるスイッチのような役目をします。

 例えば交感神経が優位になると目が冴えたり、副交感神経が優位になると眠くなったり、交感神経が優位になると尿意が止まったり、副交感神経が優位になると尿意をもよおしたり…。

 必ず正反対の働きをします。この自律神経を働かせるには、呼吸が必要なんです。

 呼吸には呼気と吸気があり、酸素を吸い込んだり二酸化炭素を排出したりしますよね。

 吸気時には交感神経が優位になり、吸気時には副交感神経が優位になります。

 つまり、これを筋トレと結びつけるのであれば、筋トレ時には交感神経を働かせたいわけですから、息をしっかり吸う事を心がけ、息を吐く時はなるべく短く吐く。この意識が必要になります。

 逆に、息をゆっくり吐く事はNGです。

 筋トレ中にあくびをしたり眠くなっている人は、この呼吸が間違っていると一概には言えませんが、呼吸に意識を置いてみるのもアリだと思います。

 もしまだ試した事がない人はやってみて下さい!

 カフェインを無理やり取る必要もなくなると思いますよ!

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

筋トレと呼吸の関係性のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ