NEW

筋肉への3つの刺激

【この記事のキーワード】

 こんにちは!パーソナルトレーナーの阿部です!

 本日お話しする内容は、筋トレの種目においての刺激の種類です。

 刺激というのは1つしかないと思われていますが、実は3つあります。

 それがミッドレンジ、コントラクト、ストレッチです。

 この3つそれぞれが、筋トレにおいての基本種目になります。

 順を追って説明します。

 まずは「ミッドレンジ種目」です。

 これは、真ん中で筋肉の出力が最大になる種目の事です。胸のトレーニングで言うならベンチプレスですね。

 ベンチプレスはバーを胸まで下ろしたポジションとバーを挙げきったポジションの2つの位置がありますが、そのちょうど真ん中で最も負荷がかかります

 2つ目は「コントラクト種目」です。

 これは胸のトレーニングで言うと、ケーブルフライやペクトラルなどが当てはまります。

 筋肉が縮む時に最も負荷が掛かる種目を指します。

 ですから、トレーニング時には収縮感が感じられると思います。

 最後は「ストレッチ種目」

 これは胸のトレーニングで言うとダンベルフライなどです。

 ストレッチ種目はその名の通り、ストレッチ時に一番負荷が掛かります。現状、この種目が筋肥大をさせるには一番有効とされています。

 もし筋肉を大きくしたい人は、ストレッチ種目は必須ですね。

 以上の3つの刺激は筋肉の成長には必要不可欠です。

 もし、1つや2つしか刺激の種類をトレーニングメニューに組み込んでないなら、参考にしてみて下さい!

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

筋肉への3つの刺激のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ