NEW

「乳酸が溜まる」とは?

【この記事のキーワード】

,

 

 よくトレーニング中に「やばい、乳酸でパンパンだわ」なんてワードが飛び交うことがありますが、疲労の原因は乳酸なんでしょうか?

 実際は、少し違うようです。

 トレーニングで消費するエネルギーについて、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、細胞の中にある、ATP(アデノシンミリン酸)という物質が分解されることでエネルギーが生み出されます。

 このATPが足りなくなると、炭水化物の糖質がブドウ糖に分解されて、ATPとして補給されるイメージです。

 そして、このブドウ糖も足りなくなった時に、筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲンという糖の一種がブドウ糖の代わりになり、分解されてATPになってくれるそうです。

 簡単にまとめると、身体を動かすためのATPが足りなくなると、炭水化物やグリコーゲンから補給されてATPが作られ、身体を動かすことができる、という仕組みになります。

 この過程で、同時に乳酸が発生しているといわれています。

 エネルギー源である糖と脂肪のうち、運動強度が上がり、糖をたくさん使用するようになると、乳酸もたくさん発生していることになるという訳です。

 昔は、乳酸が疲労の根元という言われ方をしていましたが、今は研究などで筋肉の疲労に関係するのはリン酸という見方をされるようになってきているそうです。

 筋肉を動かすのに必要なカルシウムが、リン酸と結合して使われるので、結果として身体が動かしにくく感じられるようです。

 乳酸は、筋肉からカルシウムが漏れてしまうのを防ぐ働きもあるそうで、疲労を起こすどころか、疲労を防ぐ物質であるとも言えるようです。

 結論としては…

「疲労の原因は糖分不足で、乳酸が溜まるからではない」

ようです。

 これからは、「あ〜、乳酸で足がパンパンだわ」ではなく、「あ〜、糖不足でパンパンだわ〜」ということになるのでしょうか…(笑)。

 

「乳酸が溜まる」とは?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ