NEW

筋トレを休みすぎると筋肉は減るのか?

【この記事のキーワード】

 こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

 本日は、「筋トレを休みすぎると筋肉は減るのか?」についてお話しします。

 筋肉を成長させるのに必要なの2つ。筋肉に刺激を与える事筋肉を休ませる事です。

 しかし、休みすぎるというのも問題です。

 筋肉と休息の関係性は非常に難しく、丁度良いポイントをなかなか見つけられない人が多いです。その結果…

筋トレのやりすぎ→オーバートレーニング
筋トレの休みすぎ→筋肉が付かない

 この2極化になります。そのため、筋トレにおいて休息は非常に大切な要素になります。

 では、筋トレをした後はどのくらいの休みを取るべきなのでしょうか? そして、休みすぎると筋肉は落ちるのでしょうか?

 

筋トレ後はどれくらい休むべき?

 一般的に、同じ部位の筋トレは連日でやらないのが基本です。ですから中2日や中3日とよく言われるわけです。

 筋トレの強度で多少変わりますが、私の考えとしては、最低、中2日は開けてほしいです。

 こんな感じがオススメ。

 しかし、これは同じ部位を鍛える事を前提にしているので、他の部位であれば翌日にトレーニングしてもいいでしょう。

 もし筋肉痛がある時は、普段の重量を使ってみていつも通りの力が出なければ、その日の筋トレはやめておきましょう。オーバートレーニングに繋がる可能性が高いです。

 休息は中2日が基本となりますが、個人の回復レベルは違ってくるので、中3日にする必要のある人もいます。

 

筋トレを休みすぎると筋力は低下する?

 結論から言うと、減ります

 しかし、完璧に減るとは言い切れません。なぜなら、一度増えた筋細胞の核は減らないからです。

 筋肉は筋繊維からできており、さらに細かく見ると筋原繊維からできています。そして筋細胞があり、その中に核があります。

 この筋細胞と核は筋トレで筋肉をつける事で増えますが、核は減りません。

 反対に、筋肉は容易に減ります。

 つまり、筋トレを長期間休んでも筋肉は多少減りますが、核はなくなっていないので、筋トレを再開すればすぐに元に戻るという事です。

 これをマッスルメモリーなどというわけです。もし長期間休んでしまい、やる気がなくなっても筋肉は裏切らずにあなたを待っているので、是非再開してください!

 

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

Pick Up

筋トレを休みすぎると筋肉は減るのか?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ