NEW

リュックの背負い方で慢性痛改善から筋力アップまで

どうも!私服兼仕事着はルルレモンが多い

睡眠時足つり改善パーソナルコンディショニングトレーナーの

曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)

 

今日のテーマはリュックの持ち方です!

リュックの重さに負けた姿勢って最悪なんですよ!

背骨から骨盤までぐっちゃぐちゃです😭

①姿勢の悪いリュックの持ち方の影響

②リュックの背負い方HOW  TO

の順になっておりますので気になるところだけ

かい摘まんで読んでみてください(^-^)/

 


姿勢の悪いリュックの持ち方の影響

・首凝り

・肩凝り

・巻き肩

・反り腰

・下っ腹のでる姿勢

・反張膝(膝が逆に曲がる)

・ふくらはぎパンパン

・外ももの張り


などなどありますw


しんどすぎません?


これ攻略法あります!


これは改善するしかないんですよね!!!


バッグの持ち方って割と簡単な方法で

修正できるのでやってみましょう!

リュックの背負い方HOW TO✅

① 下向くのを止める為にスマホはしまいましょう。

②バッグの紐は短めに調節しましょう。

③伸長が高くなるように立ちましょう。

④リュックを前で背負って背中に少し力を入れておきましょう。

(巻き肩にならないイメージ)

 

リュックの持ち方でパフォーマンス爆上げしていきましょう(^-^)/

曽根田 健一

IG: @KENSONE817

https://www.instagram.com/kensone817/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading

Mail:  kensone817@gmail.com

https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9

コンディショニングトレーニングのお問い合わせはインスタDMかメールにて

受け付けております。

 

リュックの背負い方で慢性痛改善から筋力アップまでのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ