NEW

足部のトラブル!原因について解説

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

足部はスポーツ・運動・歩行など日常のあらゆる仕草に関わっているため、損傷につながることも多いです。身体には欠かせない大事な一部です。そんな足部に起こりやすい『トラブル』を詳しく解説していきたいと思います。

 

捻挫

関節に力が加わって起こる外傷のうち、骨折や脱臼を除いたもので、X線で異常がない関節の外傷は捻挫(Sprain)という診断になっています。具体的には靭帯の損傷です。

~対処法~

1、 Rest
レストとは、外傷をしたところを安静に保つことです。

2、 Icing
アイシング(冷却)とは、氷で冷やすことです。

3、 Compression
コンプレッションとは、患部を圧迫することです。出血・腫れを防ぐために圧迫します。

4、Elevation
エレベーション(挙上)とは、患部を心臓よりも高い所に持ち上げることで、出血量の減少が期待でき、痛みも軽くなります。いすや台、クッション、枕など、手頃な高さのものを利用して、楽なポジションを維持して、安静にしておきます。

 

内反捻挫

内反捻挫は、足部の捻挫の中で最も多く発生します。足部が過回外し、靭帯が損傷することで、強い痛みが発症します。階段を踏み外したり、躓いて足を捻ったり、運動時に多く発症します。

全身で最も損傷確率の高い靱帯は、前距腓靱帯です。足関節内反捻挫による損傷確率は、あるリサーチによると前距腓靱帯が83%、踵腓靱帯が80%であるとされています。

 

外反捻挫

外反捻挫は、過回内の状態で外力が加わることで靭帯が損傷します。足部の捻挫では通常起こりにくいとされています。これは骨格の構造上、過回内になりづらいためです。

 

足関節背屈制限

足関節の背屈制限は重心の前方移動を阻害し様々な動作に制限をきたし、膝関節など他関節へのメカニカルを増大する因子となります。

 

Pick Up

足部のトラブル!原因について解説のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ