NEW

O脚、ふくらはぎゴリゴリの方必!見疲れない立ち方

どうも睡眠時足つり改善パーソナルコンディショニングトレーナーの

曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)

 

今日のテーマは 疲れない立ち方 でっす!

 

疲れやすい、O脚、ふくらはぎパンパンな方の立ち方

辛いですよね〜、加えて立ち仕事だと余計に辛いと思います。

ふくらはぎパンパンで足首硬い方はきっとトレーニングでも相当

ハンディキャップになります。

・地面からの力を上手く伝えられなかったり

・シンプルに深くしゃがめなくて全く負荷が乗らない

などなどエトセトラエトセトラ_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

 

当ブログは

・疲れない立ち方

・解説

・その他の解決方法

 

という順で構成しております。

気になる情報を掻い摘んで読んでみてください(^-^)/

 

 

・疲れない立ち方

はい疲れない立ち方とは

うちくるぶしの真下に体重を預ける

でっす!

ざっくりですが

O脚の方→足分外側重心

ふくらはぎパンパン→つま先重心 

の方が多いです

 

・解説

なぜくるぶしの真下なのか?

 

少し骨の解説させてください。

ふくらはぎの骨は腓骨と脛骨で構成されております。

いわゆる打つけて痛いふくらはぎ正面真ん中の骨が脛骨です。

サポートする様に側方についているものが腓骨と言われています。

この脛骨の上には太ももの骨、下には足首の骨がついております。

シンプルに床からの反力を上体に伝えるには脛骨を使いたいので

真下にある内くるぶしに体重を乗せるようにすると筋や靭帯の過剰な

ストレスを防げると思います。

 

ただ! 内くるぶしに体重を乗せて土踏まずが潰れる感じかあれば

すこーし隙間を作るように意識した方がベターです!

土踏まずに傷があるイメージでしょうか、、

床に傷が触れないようにすこ〜しだけ持ち上げとておくイメージです。

 

 

・その他の改善方法

足首周りがパンパン、O脚だったりする症状は結果に過ぎないことが

多いです。

原因を追及するには一度全身の評価をすることをおすすめいたします。

骨盤周りの調整で改善されることが多いです。

是非反り腰の方は一度評価の体験をおすすめいたします。

 

 


曽根田 健一

IG: @KENSONE817

https://www.instagram.com/kensone817/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading

Mail:  kensone817@gmail.com

https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9

コンディショニングトレーニングのお問い合わせはインスタDMかメールにて

受け付けております。

Pick Up

O脚、ふくらはぎゴリゴリの方必!見疲れない立ち方のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ