NEW

伊勢谷友介が自宅ジムを公開!「筋トレは多幸感をもたらす」ストイックな筋トレ論を熱弁

【この記事のキーワード】

 

 映画『翔んで埼玉』の阿久津翔役で「第43回日本アカデミー賞」助演男優賞にノミネートされた俳優の伊勢谷友介。俳優業だけでなく、映画監督、美術家、実業家としても多彩な才能を発揮している。そんな彼が運営する公式YouTubeチャンネル「伊勢谷友介のEARTH RADIO」では、多趣味な彼の日常が楽しめると人気を博している。

【伊勢谷ルーティン】自宅トレーニングルームで筋トレ!上半身を鍛える/伊勢谷流 “腹筋トレーニング” レクチャー解説付/StayHome」と題した動画では、自宅を改装したジム風の部屋でルーティンの1つであるトレーニング風景を公開。「公共のジムほど広くはないですけど」と前置きをし、無酸素運動が行える規模のオリジナルジムを紹介した。

 トレーニング前にはプロテインを摂取する伊勢谷。「(身体を)見せる仕事もあるので、筋トレを生活の中に多めに取り入れている」「筋肉量を減らさないために、常にたんぱく質を補充している」と筋トレへのこだわりについて語った。さらに、プロテインを吸収しやすくするため、ビタミンも同時に摂取しているのだという。

 動画中、伊勢谷は筋トレについての持論を展開した。「集中して身体を使おうとすることで、筋力が使われますよね。そうすると、多幸感をもたらす脳内物質のエンドルフィンが出やすくなる」と解説。伊勢谷は、筋トレをルーティン化することで、俳優業で使える筋力を保つだけでなく、幸福度が高まるというメリットがあることについても熱弁した。

 コメント欄には「ほんと男も憧れる男です、素晴らしい」「自分の中の目的が具体的ですごくいい」「ストイックなところが素敵です」と、筋トレに対する伊勢谷の真摯な姿勢を絶賛するコメントが続出。また、「人間力が魅力的すぎてモチベ上がるわ」「頑張って続けようって思いました」など、伊勢谷に影響されて筋トレへの意欲を沸かすファンもいた。

 2011年に公開された映画『あしたのジョー』では、プロボクサーの力石徹役を演じ、壮絶なトレーニングと減量に挑んだ伊勢谷。原作の世界観を見事に表現した肉体美が話題を呼んで9年以上も経つが、今回の動画を見る限り、伊勢谷のストイックさは健在のようだ。常に見せられる身体を意識している伊勢谷の筋トレマインドを見習って、ストイックにトレーニングしてみてはいかがだろうか。

Pick Up

伊勢谷友介が自宅ジムを公開!「筋トレは多幸感をもたらす」ストイックな筋トレ論を熱弁のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ