NEW

【ボディビルダーから学ぶ】腹筋ローラー最強説

【この記事のキーワード】

,

 こんにちは、筋トレサラリーマン・たかつんです。

 先日、多くのボディビルダーが腹筋ローラーをしていることを知りました。

 上体起こしのような運動でも、腹筋は鍛えられます。ですが、せっかく辛いトレーニングをするのであれば、短期間で最大限の成果が欲しいですよね。

 そこで今回は、腹筋を厚くするシンプルな方法を書きます。

本日の内容
1【ボディビルダーから学ぶ】腹筋ローラー最強説
2 腹筋を厚くするなら膝コロでOK
3 まとめ

1 【ボディビルダーから学ぶ】腹筋ローラー最強説

 筋トレ雑誌「IRON MAN」に掲載されていた、ボディビルダーの腹筋メニュー。その中でも「なんやこの腹筋は!!」と驚いた3名の方を紹介します。

1人目:谷野義弘 選手

 

 腹筋の厚みでタオルを挟んで垂らせるらしいです。控えめに言ってヤバすぎですw

 そんな谷野選手の腹筋メニューは下記。

・レッグレイズ
・シットアップ
・腹筋ローラー
・ハンギングレッグレイズ

 

2人目:山本昌弘 選手

 

 山本選手の腹筋メニューは下記。

オフ期:腹筋ローラー、ジャックナイフ
オン期:腹筋ローラー、オールクランチ

 山本選手は背中におもりを乗せて腹筋ローラーをするそうです。

 すごいですね(遠い目)。

 

3人目:阿部優花 選手

 顔立ちはキレイなのに腹筋はバキバキですね。阿部選手の腹筋メニューは下記。

・ハンギングレッグレイズ
・腹筋ローラー
・アブベンチクランチ
・ドラゴンフラッグ
・ツイストクランチ

 腹筋がバキバキなだけあって、たくさんのメニューを取り入れてますね。

 

腹筋ローラーは確実に効果あり。ただし…

 上に挙げた3名のように、腹筋ローラーは間違いなく効果があります。なので、あなたも腹筋ローラーを手に入れて腹筋をがんばりましょう! …で締めてもいいのですが、コロコロをしたことない人に伝えておきたいことがあります。

 いきなり立ちコロは、ほぼ無理です! これは99%の人に当てはまります(たぶん)。

 

腹筋を厚くするなら膝コロでOK

 いきなり立ちコロはをしようとすると、腰を痛めます。一方、膝コロなら割と簡単ですし、比較的に腰に優しいです。

 僕もそうだったのですが、立ちコロできることを神格化しすぎです。目的は、厚みのある腹筋を作ることであって、過程は重要じゃない。しかし多くの人は、立ちコロできることをステータスにしがちです。

 その考えは否定しませんが…ケガのリスクは高まります。

 

 むしろ膝コロの方が効果がある

 こんなことを言うと反感を買うかもしれません。ですが、トップアスリートの人は膝コロの人がほとんどです。

 要するに、腹筋に効かせられさえすればいいんです。わざわざケガする可能性のある立ちコロをする必要なないです。

 以下にトップ選手の膝コロの例を挙げます。

 

 この動画の8分〜からアブローラーの説明があります。

 例をもう1つ紹介。

 ボクシングのレジェンド、メイウェザーのトレーニング風景です。

 丁寧なフォームで膝コロしていますね。

 上記のように、トップアスリートも膝コロしています。

 

絶対に必要なのは、継続すること

 これに尽きます。

 ノウハウだけで筋肉がつくわけがありません。最近は良質なトレーニング方法を簡単に知ることができますが、当然ながら、実践しないと筋肉はつきません。

 知識 × 継続 = 成果です。

 僕の体感だと、週2回のトレーニングで少なくとも3ヶ月は継続しないと腹筋に厚みは生まれません。

 3ヶ月も継続するのって、めちゃくちゃ大変だったりします。

 継続するには、自分ルールを作り習慣化することが重要です。詳しくは下記で書いています。ぜひ参考にしてみてください。

【社会人向け】元デブが筋トレ継続できた3つの方法

おすすめの腹筋ローラー

 僕が使っている腹筋ローラーはこれです。

 静かだし、ローラーが滑らかなので大満足してます。

 ぶっちゃけ何を選んでもそこまで変わらないと思います。ヒザ用のクッションはあった方がいいかな、くらいです。

 

まとめ

 腹筋ローラーを使ったトレーニングは最強です。

 マッチョの頂点にいる、ボディビルダーがトレーニングしているから間違いないでしょう。

 あなたも腹筋ローラーを使って今すぐにでもトレーニングを始めましょう。
ただし、無理な強度でトレーニングするとケガします。

 トップアスリートに習い、膝コロにコミットです!
(文=筋トレサラリーマン・たかつん)

【ボディビルダーから学ぶ】腹筋ローラー最強説のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ