NEW

お腹を下しやすいならWPIプロテイン

【この記事のキーワード】

筋トレする人に限らずもはや一般の方々にも浸透してきていると言っていいサプリメントがプロテインですね。

プロテインたんぱく質という意味ですが我々が通常使う意味としてはサプリメントとしてのプロテイン、特に粉末のタイプで水やジュースに混ぜてシェイクして飲むものを指しますのでそれを前提に話を進めます。

今やホエイが一般的


プロテインにもいくつか種類がありホエイプロテインの他、カゼインプロテイン、大豆を原料にしたソイプロテイン、卵を原料としたエッグプロテイン(国内メーカーではもう販売しているメーカーはないかも?海外ではわずかにあるが…)等ありますが今やその栄養価や品質の良さからホエイプロテインの独壇場と言って良いかと思います。

 

ホエイプロテインのWPC、WPI


ホエイプロテインは牛乳を原料としたプロテインです。

牛乳からカゼイン(牛乳の主成分)、乳脂肪を取り除いたものがホエイで、乳清とも呼ばれます。

ホエイは牛乳からわずかしか取れない栄養価の高いものでビタミン類やミネラル分も含んでいるため筋肉作りには最適です。

市販されているホエイプロテインを見てみるとWPCもしくはWPIと書かれているのが見つけられるかと思います。

WPCホエイプロテインコンセントレート、

WPI はホエイプロテインアイソレートと言います。

たんぱく質の含有率によって分かれるのですが80%程度まで精製したものがWPC90%程度まで精製したものがWPIと呼ばれます。

分かりやすく言うと製品100g中80gたんぱく質が含まれていればWPC、90g含まれているならWPI。

一般的に出回っている多くはWPCのタイプが多いです。

数字からも分かるようにWPIのほうがWPCよりも高品質で高価と言えます。

 

WPIにも種類がある     

 
WPIにも製法により違いがあります。

イオンエクスチェンジ法と CFM 製法(クロスフローマイクロフィルトレーション)です。

イオンエクスチェンジ法は電荷で分離させるやり方で本来はこのイオンエクスチェンジ法がWPIと呼ばれていました。

一方、CFM製法は80%程度までだったWPCをこのCFM製法の開発によって90%程度まで高められるようになった為WPIと呼ばれるようになりました。

イオンエクスチェンジ法・・本来のWPI。非常に純度の高いたんぱく質が作られる反面他の栄養素は取り除かれてしまう。

CFM製法・現在のWPIの主流。たんぱく質の純度ではイオンエクスチェンジ法にわずかに劣るが必要な栄養素が残る。

どちらも通常の食事では有り得ない高たんぱく低脂肪ですがイオンエクスチェンジ法のほうがより低脂肪ではあります(ほとんど含まれていないレベル)。

ただよほど極限まで脂質の管理に拘るボディビルダーやフィジーク選手でもない限り気にする差ではないです。

いずれにしてもWPIはWPCよりも低脂肪ですというかほとんど含んでないです。

WPCの脂肪分も通常の食事より圧倒的に少ないです。

その点ではWPC 、WPI どちらでも脂肪を気にする必要はほとんどないです。

よっぽど食事管理のほうに気をつける必要があります。

お腹を下しやすいならWPIを 


WPI乳製品でお腹を下してしまう原因の乳糖をほとんど取り除いています。

WPCは安価なのが良い点ではありますが乳糖が含まれるので乳糖不耐性の人、要は乳製品摂るとお腹下してしまう人には向いていません。

しっかり消化吸収されないと正しく栄養が取り込まれず非効率です。

WPIはWPCよりも高価ですが乳糖不耐性の人はWPI一択で良いと思います❗

ちなみにCFM製法はイオンエクスチェンジ法に比べれば若干乳糖が含まれますが乳糖不耐性である私の経験上CFM製法でも全く問題ないです(個人により違いはあると思いますが)。

 

まとめ


WPIはWPCよりも高価だが栄養価が高い。

お腹下しやすい人はWPIの一択。

イオンエクスチェンジ法は最も高純度なプロテイン、但し他の栄養素も取り除かれている。

乳糖(お腹を下す成分)がほとんど含まれない。

CFM製法は現在の主流、イオンエクスチェンジ法とほぼ遜色ない純度がありながらもたんぱく質以外の栄養素も含まれる。

 プロテイン以前試したけど、おなかの調子悪くなって辞めたという方はWPIのホエイプロテインを一度試してみてください!

 

インスタグラム↓

https://www.instagram.com/noriyukitainaka

お腹を下しやすいならWPIプロテインのページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ