NEW

効果をすぐ実感しやすいBCAA

【この記事のキーワード】

サプリメントって色々あって何だか良くわからない。

BCAA って良く聞くけど一体何なの?

飲むと筋肉つくの?

という方もたくさんいらっしゃるかと思います。

BCAA ってどんなものなのか、どんな効果があるのかお伝えしていきます。

 

アミノ酸のうちの3つ


人体を構成するアミノ酸は全部で20種類ありその中で必須アミノ酸非必須アミノ酸に分かれます。

必須アミノ酸(9種類)

ヒスチジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、バリン、イソロイシン、リジン、ロイシン、トリプトファン

非必須アミノ酸(11種類)

アラニン、アルギニン、アスパラギン、アスパラギン酸、システイン、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン、チロシン

 

何だか難しいですね。

非必須アミノ酸は体内で作ることが出来ます。

対して必須アミノ酸は体内で作ることが出来ないので食事なりで摂取する必要があります。

なのでサプリメントという観点では体内で作り出せないすなわち摂取が必要な必須アミノ酸が重要視されます。  

その中でもロイシン、バリン、イソロイシンの3つはBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれ筋力強化やパフォーマンスアップに大変役立つと言われ多くのアスリートが取り入れています。

・筋肉の合成を促進

・筋肉の分解を防ぐ

・ほぼ筋肉中で代謝されるので即エネルギー源となる

・持久力の向上

・集中力が続く

・トレーニング後の筋肉痛の軽減 等

 

BCAAはその効果を即体感しやすいサプリメントなので試しやすいですね。

上記のような効果を実際の現場でどう感じるかというと、ジムでの筋トレで言えば開始の15分前位に摂取しておくとその後の筋トレで普段だとキツくて出来なくなってくるセットがすんなりこなせたりもう1セット多くとかもう少し重量増やして行えたりしますし筋持久力も向上するのでトレーニングの後半になってもバテず集中力も落ちず充実したトレーニングが行えます。

 

摂取量や飲み方


各メーカーで推奨量は違うと思いますが大体5g~15gで推奨しているかと思います。

最初は少なめで様子見てどの位の摂取量が自分にとってベストなのか探して下さい。

飲み方は粉を口に運んで水やドリンクで流し込むか、水やドリンクに混ぜておいてそれをトレーニング中に飲むか2つのやり方に分かれるかと思います。

私は必要分をトレーニング前にしっかり摂っておきたいのでドリンクには混ぜずに口に放り込んで水で流し込みます。

ちなみにトレ前だけでなくトレ中、トレ後にも摂取します。

各5~10g位です。

EAAとは違うの?


最近良く聞くEAAとは必須アミノ酸の全9種類で構成されているサプリメントの事です。

当然その中にBCAAは含まれていますが他の種類のアミノ酸も含まれている分BCAAの量はBCAAだけのサプリメントよりは減るのでEAAとBCAAの両方のサプリメントを摂取する、EAAだけで良しとする、BCAAだけにする等各々の用途や予算にあった選択が必要ですね。

個人的にはその効果を体感するという点ではBCAAのほうがわかりやすいかと思います。

 

まとめ


BCAAとは筋肉強化に特に重要な3つのアミノ酸(ロイシン、バリン、イソロイシン)の事。

摂取して即効果があり体感しやすいので試しやすい。

アスリートや筋トレする大半の人が取り入れているスタンダードなサプリメント。

トレーニングを充実させたいなら一度試してみては如何でしょうか?

Pick Up

効果をすぐ実感しやすいBCAAのページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ