NEW

トレーニングベルトのススメ

【この記事のキーワード】

,

 

 私はずっとGKをしていたこともあって、学生の頃から腰痛持ちです。腰痛持ちにとって、トレーニングの際に腰を痛める怖さは計り知れないです。

 一方で、私はテーピングやバンテージなどを着けるのはあまり好きではなく、極力使用せずにトレーニングしてきました。

 テーピングの役割は

・怪我の予防
・怪我の幹部の痛みの緩和
・肉離れの予防
・筋肉の筋に沿って貼ることで、筋肉のサポート
・可動域の調整

(※あくまでも元選手として、そしてトレーナーとしての個人的観点です)

 ポジティブな部分としては上記に挙げたポイントがありますが、逆に言うと、ネガティブな部分では筋肉や、関節をサポートするため、トレーニングをする上で鍛えられるはずの、患部の筋力がなかなか鍛えられない、ということが挙げられます。 

 怪我をして一度テーピングを使ってしまうと、完治してもなかなかテーピングなしでのプレーに戻れない選手もいます。

 これは、メンタル的な要素も大きいと思います。

 こういった側面から、私は現役中も現在も、ほとんどテーピング類は使いません。身体は極力、裸に服を着ている状態が理想だと思っています。

 ここで今日のテーマ【トレーニングベルト】

  ここまでの話の流れからすると、トレーニングベルトは使わない方がいい、という流れになりそうですが、実はとてもおススメです!(笑)

 最初は、デットリフトやバーベルスクワットなどの際にも、ベルトなしでトレーニングを行っていました。

 ある時、ジムのトレーナーさんの強いススメで、試しにトレーニングベルトを使ってみることにしました。

 すると、持ち上げれる負荷の重さが10kg以上も上がってしまいました。

 何より良かったのは、

 腰を痛める恐怖心を取り除いてくれながら、鍛えたい部位に対してはベルトをしてもしっかりと負荷をかけられる

 という点です。

 トレーニングベルトの使い方のポイントとしては、とにかくきつく締める!

 これが肝心です。

 腰が固定されることによって、より効かせたい部位に集中してトレーニングを行えますし、怪我のリスク軽減にもなります。

 サッカーと筋トレでは、サポート器具の意味合いも全く違うようです。

 きつくしめたベルトを装着して呼吸を止めて体幹にグッと力を入れると、腰回りは本当に気持ち良いくらいに固定されます。

 まだベルトを使っていない方は、それ以外のサポート器具もぜひ一度使ってみて、ご自分の身体やトレーニングにフィトするかどうか、私のように「食わず嫌い」になる前に、柔軟な考え方で試してみて下さい!

トレーニングベルトのススメのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ