NEW

べンチプレスとダンベルプレスの違い

【この記事のキーワード】

, ,

 ベンチプレスとダンベルプレス、それぞれ主に胸筋に効かせることが目的のトレーニングです。

 両種目、動作も似たような形ですが、何が違うのか?

 一番の違いは「体幹」です。

「大胸筋を鍛えるのに、なぜ体幹?」と思われる方が多いと思います。

 実際にトレーニングしてみるとよくわかるんですが、バーベルを使った、いわゆるベンチプレスは持ち手のバーが1本になっていて安定感があります。

 一方、ダンベルプレスは、左右の重りが独立しているので、バランスをとるのも結構大変です。

 そのため、重さが重くなればなるほど、バランスをとるのに自分の身体で調整しなければならず、強い体幹が必要になってきます。

 これは、特にダンベルプレスに当てはまりますが、ダンベルの種目全般に言えることでもあります。

 ここまでの話だと、ダンベルプレスの方が良さそうに聞こえてしまいますが、ベンチプレスのメリットは、安定感がある分、より重い負荷を挙げていくことが可能です。

 フォームさえ間違えなければ、より大胸筋に効かせることが出来ます。

 ダンベルプレスは、左右が独立しているために、上に持ち上げた時に、手と手を近づける動作も可能です。

 これはこれで、大胸筋に良い部分になります。

 結論、両方をバランスよく行うのがベストだと思います。

 そして、それぞれのメリットデメリットを把握した上で意識してトレーニングしていくことが大切だと思います。

 安定感があるベンチプレス

 体幹が鍛えられ、手首の動きなどにも自由があるダンベルプレス

 それぞれの特徴を生かして、トレーニングに取り入れてみて下さい。

べンチプレスとダンベルプレスの違いのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ