NEW

「健康=フィットネス」ではない

【この記事のキーワード】

,

 こんにちは。パーソナルトレーナーのゆうじろうです。

 皆さんは、フィットネスに対してどんなイメージを持っていますか?

 恐らく大抵の方が「健康的な状態でいる事」と考えてますよね。私もその通りだと思います。

 ただ、ジムに通う事だけがフィットネスかと言うと、そうとも言えません。

 例えば、「普段エスカレーターで移動していたのを階段移動に変える」「家の周りを散歩する」など、日常的な動作でも健康を意識して行えばそれはフィットネスと言えるんじゃないかなと考えます。新型コロナウイルスの影響で思うように外出できない今こそ、健康に目を向けてもいいのかなと思います。

 話が変わりますが、私は身体のコンテストに定期的に出ています。

 自分を含めて選手たちはみんな、体脂肪率を出来る限り減らして出場を目指します。大会時の体脂肪率5%なんて、明らかに健康的ではないんです。

 栄養不足の中で動く事によって、免疫力も落ちやすく、体調を崩しやすくもなります。実際、私も崩しかけた経験がありました。 

 これを毎年続けると考えると、他の競技と比較しても害は多く感じます。

 ただ、その分、当日に放つ美しさはありますが…。

 そんな競技者の中で、「これこそフィットネスだ」などと語る方は多いのですが、正直、”本当に健康的なの!?”って思われるのも当然です。 

 決して批判してるわけではありません。ただ私としては、競技者レベルになると健康や、肌の酸化等犠牲にしている部分はあるので、それって健康なの? と思う部分もあります。

 私は東京オープンボディビル選手権という大会で優勝するのが目標なので、もし届けばそこで私は満足なんです。

 まだまだやりたい事もたくさんありますし、長く人生を楽しむのに健康は度外視出来ません。

 何かを得るために犠牲を払う考えでなく、どうしたらバランス良く生きていけるか模索していきたいですね!

 

ゆうじろう
都内のパーソナルジムで活動中のトレーナー。2021年の東京オープンボディビル選手権で優勝を目指してます。
Twitter

note


Pick Up

「健康=フィットネス」ではないのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ