NEW

トレーニング前に絶対に動かしたい部位3選!ここが硬いと筋トレも毒になる!?

どうも最近はスイカで食物繊維を摂取している

睡眠時足つり改善パーソナルコンディショニングトレーナーの

曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)

 

今回はトレーニング前にストレッチした方がいい場所3選です!

もうここを予めストレッチしてたら今でも残る硬さの問題がなくどれだけ楽に

トレーニングできたことでしょうか。

とにかく、トレーニングはじめたてでトレーニング前にストレッチしていない方に伝えたい!でっす!

特に

バンザイして腕が全然耳の横に届かない人のショルダープレスやバックスクワット

立位で膝を曲げずにつま先が触れない方のスクワット、ウォーキング

これで筋トレしたら筋トレも体に毒になり得ます、、、

本投稿は

・ストレッチした方がいい場所3選

・捕捉

によって構成されています。

気になる部分をピックアップして読んでみてください(^-^)/

 

・ストレッチした方がいい場所3選

・股関節ー屈曲方向

・胸椎ー伸展方向

・足首ー背屈方向

 

上から順に解説していきます!

・股関節ー屈曲方向

→これは股関節中心に足を挙げる動き方ですね!

もも裏、ふくらはぎ、お尻が硬いとこの動きを制限してしまいます。

これが硬いと俺は上半身に筋肉つけばいい!って人でも肩や首を

怪我しやすくなります〜 体は繋がってるので痛みの原因が全く違う場所にあるなんてこともよくあります〜

 

・胸椎ー伸展方向

→これは胸を張る方向です! 猫背と逆の動きです!

もっと言うと猫背の方が胸を張ろうとすると腰を反ってる状態になります。

ベンチプレスで胸を張ろうとしても腰が疲れる人とかがその状態ですね!

バンザイで腕が耳の横との距離が握り拳一個以上ある方は、胸椎の伸展機能が

低下している可能性があります。 ジムのストレッチポールをここぞとばかりに使ってください!

 

仰向けで寝て肩甲骨の下の方の横向きで置いてお腹をへっこませたまま背中を反らせてみてください!胸のブリッジを10回ぐらいしてみてくださいね〜!

 

・足首ー背屈方向

→立ったままつま先を地面から持ち上げる動きです〜

これは和式便所が使えない方や屈伸(膝に手を当ててその場でしゃがむ動き)が苦手な方はここが硬いことが多いです。

これはヨガのダウンドッグというポーズでストレッチするのがわかりやすいかもです!

四つ這いから膝を伸ばしたてお尻を後ろに引いていきます。この時踵を床につけるようにすると伸びます。

 

・まとめ

これは脚のトレーニングだから足首のストレッチはスキップしようというわけではなく

硬くなりやすいところになりますので小まめにストレッチかけておくのが理想です。

余裕があればトレーニング前後でやることがオススメです!

特に週に2、3回程度のトレーニングで複数の部位を鍛える方は全身の可動性をあげておくのが特に重要になります!後半筋肉が張って可動性が低下してしまうのを防ぐためです〜

また下記のURLではストレッチのHOW TOも紹介しております!

 


曽根田 健一 

IG: @KENSONE817 

  https://www.instagram.com/kensone817/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading 

Mail:  kensone817@gmail.com 

https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9 

コンディショニングトレーニングのお問い合わせはインスタDMかメールにて 

受け付けております。

トレーニング前に絶対に動かしたい部位3選!ここが硬いと筋トレも毒になる!?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ