NEW

「肉は太る!」は大きな誤解です

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

ほとんどの肉はアミノ酸スコアが100という、優良なタンパク質食材。つまり、筋トレの際には、積極的に摂り入れるべき食材といえます。ところが、肉に対してある種、アレルギー的な反応をする人が少なくありません。

「肉=太る」というイメージが抱いているので、ダイエット中の女性だけでなく、男性にも同じ考えをもっている方は多いのではないでしょうか?

 

肉を食べるから太るのではなく、肉の食べ方次第で太ることもあるということです。 まずポイントは部位の選び方!

▼部位別カロリー(100g当たり)

豚肉

牛(輸入牛) 
386kcal
ばら
371Kcal
263Kcal
ロース(サーロイン) 298Kcal
216Kcal

180Kcal
183Kcal
もも
182Kcal
115Kcal
ヒレ
133Kcal

 

▼調理法をカロリーの低い順に並べると・・・・

蒸す > 焼く > 煮る > 炒める > 揚げる

 

肉を食べるならできるだけ脂身の少ない赤身の部位を選ぶ。これがまず大前提です! 基本的にトレーニング時に許される調理法は”炒める”までと心がけてください。

「肉は太る!」は大きな誤解ですのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ