NEW

ほうれん草、トマトやコーヒに注意!反栄養素を知ってボディメイクに生かそう!

どうも朝活が二週間目に入り習慣化できてきた

睡眠時足つり改善パーソナルコンディショニングトレーナーの

曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)

本日のテーマは

 反栄養素を知って控えよう! 

です!

皆さんはなんとなく加工食品は体に悪いと認識している方も

多いと思いますが、実は自然にある食材に動物に食べられないように微量な毒素を持っているものがあります。

これらを知らずに長期的に摂取し続けると炎症が起こり知らずに疲れやすくなっていたりします!

 

当ブログは

・摂らない方がいい食材

・反栄養素の影響について

 

の2部構成になりますので必要な部分を掻い摘んで読んでみて

ください〜(^-^)/

 

・摂らない方がいい食材

レクチン編→トマト、ナス、ピーマン、じゃがいも

などのナス科の野菜によく含まれるそうです。

 

フィチン酸→玄米、大豆、アーモンド、ピーナッツ

などの豆類によく含まれるそうです。

 

シュウ酸→ケール、ほうれん草、黒胡椒、ナッツに含まれて

いるそうです。

カビ毒→コーヒー、小麦、とうもろこし、ぶどう、チョコレート、ワインなどに含まれているそうです。

ぶどう、チョコレート、ワインなどはポリフェノールなどが含まれているので体に良いという認識がある方も当然いるかと思いますがネガティブな要素もあるみたいですm(_ _)m

 

 

・反栄養素の影響について

レクチン

レクチンを摂取すると炭水化物と結合して

満腹感を感じにくくなり、関節痛になりやすくなります。

加熱調理することである程度影響が減るそうです!

 

フィチン酸

フィチン酸はミネラル(鉄、亜鉛、マグネシウム、ミネラル)の摂取を阻害する働きがあります!

ミネラルのいい働きは無数にありますが、全て効果半減されると思うと残念ですよね!当然ミネラルが不足すれば筋肥大にも

ダイエットにもネガティブな影響があります。

 

シュウ酸

シュウ酸はカルシウムと結合して筋肉痛、腹痛、下痢を

引き起こします。

特にケールや生のほうれん草はかなり多く含まれているそうです。

 

カビ毒

カビは軽度でも頭の働きを鈍らせるようです。

高濃度では心筋症や高血圧、脳腫瘍など多義にわたるそうです。

 

 

いかがでしたか?

一つぐらい頻繁に摂る食材があったと思いますが、

思い当たる症状があれば控えて見るのはありかと思います

(^-^)/

 

気にならないようであれば無理に控える必要もないかと思いますが、筋トレ後にはシュウ酸を含むケールは控えても損はないはずです!

 

ではでは〜

 

曽根田 健一 

IG: @KENSONE817 

https://www.instagram.com/kensone817/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading 

Mail:  kensone817@gmail.com 

https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9 

コンディショニングトレーニングのお問い合わせはインスタDMか

メールにて受け付けております。 

ほうれん草、トマトやコーヒに注意!反栄養素を知ってボディメイクに生かそう!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ