NEW

夏のトレーニング時に気をつけた方がよいこと①

【この記事のキーワード】

,

イメージ画像

 長かった梅雨もようやく明けて、待ちに待った夏がやってきました。

 今回は、夏のトレーニング時、特に気をつけた方がよいポイントをいくつかご紹介したいと思います。

・こまめな水分補給

 こまめってどのくらい!? と思われる方が多いと思いますが、理想的な水分補給はトレーニングの1時間以上前から、軽く口に含むくらいの量でいいので、5〜10分に一度の頻度で補給していきます

 そうすることで、トレーニング開始時に、身体に十分な水分がある状態でスタートすることが出来ます。

 気をつけなければならないのは、大きな大会、公式戦の前などは、どうしてもトイレが近くなってしまう点…。

 飲み過ぎて、お腹に水がタプタプ溜まり、パフォーマンスが制限されてしまいます。

 人は睡眠中にも水分を失いますので、朝起きたら水分補給!

 その後も、トレーニングに向けて水分を身体に入れてあげるとよいと思います。

 もし、トレーニング中に「喉が渇いたな…」と感じたら、そこからの水分補給では、少しタイミングとしては遅いです。

 もちろん、喉の渇きを感じたらすぐに給水して下さい。

 ただ、喉の渇きを感じないのがベストです。

夏のトレーニング時に気をつけた方がよいこと①のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ