NEW

夏のトレーニング時に気をつけた方がよいこと②

【この記事のキーワード】

 ご存じの方も多いかと思いますが、人間の体には、体温調整毛穴の収縮により、体内の熱を保持したり汗として体内に逃がすという機能があります。

 この時期に気をつけたいのが、例えば屋外に長くいて、体温が高い状態で冷房のガンガンに効いたジムに入って、いきなりトレーニングすることです。

 暑い場所から一気に涼しい場所へ行くと、一時的に毛穴が閉じて、体温が対外へ逃げにくくなります。

 いきなりクーラーの効いた部屋に入るな、ということではなく、身体がその気温に慣れる時間を与えてあげることが大切になってきます。

 これは、逆のことも言えます。お仕事などで、長時間冷房の効いた部屋に滞在し、いきなりかんかん照りの屋外に出ると、毛穴が広がり、体温が外へ逃げていきます。

 どちらも、しっかりと身体がその場所の気温に慣れ、落ち着くまでの時間をとってあげることが重要です。

 身体は思っているよりも、敏感です。

 そして、「汗をかく」というのも、身体が体温を調節しようとしてくれているサインなので見逃さないように!

 逆に、汗をかきにくいという方は、身体の体温調整機能が低下している可能性もあるのと思うので、有酸素運動を行う際に「汗が出ているか?」を燃焼の判断基準の一つにしてもいいかと思います。

夏のトレーニング時に気をつけた方がよいこと②のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ