NEW

睡眠不足は筋トレの質を下げる

【この記事のキーワード】

,

 こんにちは!パーソナルトレーナーの阿部です!

 本日は「睡眠不足がもたらす筋トレへの影響」についてのお話です。

 連日、猛暑日が続いていますが、そこで問題となるのが睡眠不足です。

 暑いとイライラし、交感神経が優位になるので寝つけないということが起こります。

 睡眠不足になる原因はこれだけではありませんが、この時期、特に注意したいところです。

 睡眠不足になると、身体に与える負荷は当然大きくなります。

 今回は筋トレと睡眠不足の関係なので、筋トレ時にもたらす可能性のある影響をピックアップして考えていきます。

 まず、睡眠不足になると集中力が散漫になります。

 筋トレは集中力が要ですから、それを欠いては良くありません。

 集中力が低下すると怪我の発生率が増加するので、睡眠はしっかり取るべきです。

 2つ目は生活リズムが崩れることで自律神経が乱れます

 自律神経が乱れると交感神経、副交感神経が上手く働いてくれません。そうすると筋トレ時に副交感神経が優位になる可能性があるので、眠気が出たりします。

 これも、筋トレに支障きたす大きな要因と考えられますね。

 最後はグリコーゲン貯蔵量が減る事です。

 グリコーゲンとは糖質がたくさん集まってできたものですが、このグリコーゲンは筋肉中や肝臓に普段は蓄えられています。

 これが肝臓では、100g筋肉中には300gほど蓄えられています。

 この貯蔵量を確保できるからこそ、普段は筋トレをしていてもエネルギーが枯渇する事はありません。

 しかし、睡眠不足になるとこのグリコーゲン貯蔵量が減るので、エネルギー源が賄えない状態が起こります。

 そうすると力が出ず、いつもと同じ質の高い筋トレが出来なくなります。

 まさに、睡眠不足は筋トレの敵ですね。睡眠の目安ですが、大体6時間は欲しいです。

 人によってショートスリーパー、ロングスリーパーとまちまちなので、自分に合った睡眠時間を選びましょう。

睡眠不足は筋トレの質を下げるのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ