NEW

ベンチプレスを胸に効かせる方法

【この記事のキーワード】

,

ベンチプレスを胸に効かせるために注意しておきたいポイントを紹介します。

1、アーチをしっかり作ること。


アーチを作るだけで胸の筋肉のスタートとゴールの距離が伸びます。バーを下ろすことでそこからさらに伸ばせるので、筋肉への刺激が増えます。
逆にアーチがないとしっかり筋肉が伸びてくれないので、アーチを習得しましょう!

2、バーを持つ手幅は肩幅よりも拳1個分以上広く。


バーを持つ手幅が狭いと身体よりヒジを後ろに下げることが難しくなります。
結果バーを上げ下げしても、腕の曲げ伸ばしだけでは胸には充分刺激が入りません。
広すぎても力を入れるのが難しいので、狭すぎず、広すぎず、な自分のベストポジションを探しましょう。

3、バーを下ろす時に脇を広げすぎない。


バーを下ろす時に脇を開きすぎてしまうと、メインとなって頑張る筋肉が胸ではなく肩の前面になってしまいます。重量によってはケガにもつながりますので、脇を開きすぎないようにしましょう。

4、バーは胸に付くまで下ろす。


下ろす時、キツいからとバーを途中で止めてしまっては筋肉への刺激も減ってしまいます。
しっかり胸に付くまで下ろして筋肉を伸ばしましょう。

5、バーを上げた時に負荷が抜けないように…。


バーを上げた時にアーチが崩れたり、肩が前に出てシートから浮くと負荷が抜けてしまいます。
1セットの間は負荷が抜けないよう耐えましょう。
1度でも負荷が抜けてしまうと、バーを持ったままアーチを作ることはほぼ出来ません。

ベンチプレス  では頭、両肩、お尻、両足裏は離れないように、が理想です。            


ベンチプレスは基本、胸のトレーニングです。
腕や肩ばかり疲れてしまう場合は何か原因があるはず。

今回はその代表例を紹介しました。

ぜひチェックしてみて下さい。

質問:ベンチプレス、胸への効かせかたは?

Pick Up

ベンチプレスを胸に効かせる方法のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ