NEW

【背中で語れ!!】正しいラットプルダウンのフォーム解説

こんにちは!

神楽坂・池袋で活動しているフリーランスパーソナルトレーナーのふっかです。

 

今回は

 

正しいラットプルダウンのフォーム

 

について解説していきたいと思います。

背中のトレーニングの中では王道のトレーニングであるラットプルダウン。しかし、ジムでトレーニングしている方々を見ていると

『ん〜〜、、なかなかあれだと広背筋に効率よく負荷かかってないだろうな〜〜』

と感じることがよくあるわけです。

 

どの筋トレにおいても精通することなのですが、筋トレは『筋肉と起始と停止を近づけて、離すこと。そしてそこに以下に重力下で重さを乗せることができるのか?』が大切になってきます。

広背筋を鍛える種目なので、広背筋の起始と停止をおさらいし、フォームの解説をしていきたいと思います。

背中を大きくしたい方、ウエストを細く見せたい方はぜひ参考にしてくださいね😊

 

広背筋の概要

広背筋の起始と停止を解説します。


 

起始 停止
椎骨部 Th7〜L5棘突起
胸腰筋膜
上腕骨の小結節稜
肋骨部 9〜12肋骨外側部 同上
仙骨部 正中仙骨稜外側 同上
肩甲骨部 肩甲骨の下角 同上

 

となっています。

停止部が上腕骨の小結節ということはシンプルに

腕を伸ばせば広背筋は伸びる

ということがわかるかと思います。

 

また広背筋の作用として
(肩関節の)
・伸展 ・内旋 ・内転

という働きがあります。

これと逆の動きをしてあげると広背筋はしっかり伸長されます。

 

ラットプルダウンのフォーム解説

ラットプルダウンのフォームを解説します。

ラットプルダウンは上にあるバーを下に引っ張ってくる種目です。チンニングの逆バージョンですかね。

文章で説明するのはちょっと難しく、語弊が生まれそうなのでこちらの動画で解説しております。

背中を大きくしたい方、ウエストを細く見せたい方はぜひ参考にしてください!

 

終わりに

いかがでしたか?

今回は背中のトレーニングの代表的な種目であるラットプルダウンを解説しました。

背中をガンガン鍛えて、男らしく大きな背中になるため、女性らしいくびれを際立たせるためにぜひ参考にしてください!

今回の記事や動画をみて不明点などがあれば下記の公式LINE@に遠慮なくご質問ください。

パーソナルトレーニングのご連絡もお待ちしております😊

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パーソナルトレーナーふっか 公式サイト

http://site-999758-3365-1845.mystrikingly.com/#home


パーソナルトレーナーふっか 公式LINE@

https://lin.ee/dYaVzi3


パーソナルトレーナーふっか 公式ブログ
Fukka Fitness Lab〜本物の知識をあなたに〜

http://fukka-fitness.com/


youtube ふっかchannel

https://www.youtube.com/channel/UCcSTo-nMy61O8I_dyKJ5ryw/

【背中で語れ!!】正しいラットプルダウンのフォーム解説のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , , , , , , , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ