NEW

体脂肪をコントロールしよう!

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

トレーニングやダイエットをする上でカギを握る食事について解説したいと思います!

脂質と炭水化物の摂り方

タンパク質の摂取が、筋肉を作るうえで重要であるのに対し、脂質と炭水化物の摂取は、主に体脂肪をコントロールするうえで重要な栄養素となります。

 

直接体脂肪となる高脂肪食は控えめに

脂質=1gあたり9Kcal 三大栄養素の中でもグラム当たりのエネルギーを最も多く含みます。しかし、摂りすぎると体脂肪の増加につながりやすいので、ダイエットをしたい人は要注意!!『摂取した脂肪は、そのまま体脂肪になる』と覚えておきましょう。ダイエットをしたい人は、なるべく低脂肪食品を選ぶと良いです。

 

脂肪の摂取量だけでなく「脂肪酸組成」もチェック

脂肪=グリセロールと脂肪酸から構成されています。 さらに、脂肪酸はその構造から「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分類されます。脂質を摂取する際は、脂質の総量だけでなく、その種類にも注意する必要があります。

・飽和脂肪酸 ➡ 主に動物性の食品

飽和脂肪酸を過剰に摂取すると、生活習慣病につながってしまう。

・不飽和脂肪酸 ➡ 主に魚類や動物性の食品

不飽和脂肪酸の摂取は生活習慣病を予防する効果がある。

 

炭水化物は食べ方で敵にも味方にもなる

炭水化物は、三大栄養素の中でも総摂取エネルギーに占める割合が最も高い栄養素です。肉量を維持・増加させるうえでも不可欠であり、炭水化物が不足していると、筋肉は分類されてしまいます。反対に摂取過多になると、当然ながら肥満につながってしまいます・・・

~脂肪摂取を抑える3つのポイント~

①揚げ物を控える

②ドレッシングやマヨネーズなどの調味料は低脂肪のものを選ぶ

③バターやマーガリン、ショートニングなどを使った菓子類を控える

 

 

体脂肪をコントロールしよう!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ