NEW

筋肉の疲労を解消する

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

入浴は意識的にできる有効なコンディショニング法のひとつです。シャワーを浴びる=入浴ではありません。浴槽に入ることが重要です!

 

~入浴に物理的な効果~

温熱効果 血管が広がり新陳代謝が高まる
水圧効果 体表面に水圧がかかり天然のマッサージ効果が得られる
浮力効果 陸上の体重の役10分の1になり、筋肉がリラックスした状態に

 

▼水圧効果

・水の圧力がカラダにかかることで、筋肉が血管を圧迫し血流が促されます。

▼浮力効果

・体重60kgの人が鎖骨まで水に浸かると、役9割の浮力が働いて、足の裏にかかる体重はおおよそ6kg。

水の中で浮力が働き、重力から解放されれば筋肉は収縮することをやめて脱力します。ほぼ完全なリラクセーション状態にもっていけるというわけです。

▼温熱効果

冷たいプールに入るとカラダは熱をつくり出そうとしてエネルギー消費が10%アップするといわれています。熱のおもな発生源は筋肉です。逆に体温より高めのお湯に浸かれば、筋肉がつくり出す熱は少なくすむので、筋肉の栄養に繋がります。

 

 

温泉に湯治に出かけて1週間もすると、カラダの疲労や痛みが解消されるのは、こうした水の効能が関係しています。

『少なくともトレーニングした日の夜はシャワーだけですませず、浴槽に浸かるということを習慣にしてください』

・10分以上浸かるのであれば、お湯の温度は38~39度くらい

・多少熱めが好きという人は41度くらい

・ぬるめの人は37度

・水圧で心臓に圧力がかかるので、半身浴を5分交代くらいで併用する方法も良いです。

筋肉の疲労を解消するのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ