NEW

【 体幹トレーニング】プランクで絶対やってはいけないフォーム【 ワースト5 】

【この記事のキーワード】

, ,

 大阪を拠点に関西各地方にフリーランスパーソナルトレーナー/アスレティックトレーナーとして活動しているBODY PARTNARSの藤元大詩(ふじもと・たいし)です!(@taishi_fujimoto) 
 

Contents 

1 プランクでやってはいけないフォーム【5つ】
2 プランクで理想的なフォームを作る「3つ」のポイント
3 レベル別体幹トレーニング【動画】
4 この記事のまとめ&最後に

1 プランクでやってはいけないフォーム【5つ】

 

動画の目次
0:00 OP&解説
1:09 ①首や肩に力が入っている
2:12 ②肘の位置が遠いor近い
2:59 ③アゴが上がっている(頸椎の過伸展)
3:43 ④お尻が上がっている(骨盤後傾/腰椎後弯)
4:20 ⑤腰が反っている(腰椎の過伸展)
5:06 理想なフォームを作るポイント(3つ)

 それでは、体幹トレーニングの基礎的種目「プランク」でやってはいけない5つのフォームについてみていきましょう。

①首に力が入っている
②肘の置く位置が遠すぎる(または近すぎる)
③アゴが上がっている
④お尻が上がっている
⑤腰が反っている

 細かく解説していきます。

①首に力が入っている


 結論、首周辺に力が入っていると「体幹の筋群」の力が抜けやすくなります。 

 プランクでは通常では体幹筋群を鍛えたり、活性化させる(刺激を与える)ことを意図してトレーニングするのに首に力が入り過ぎては意味がありません。

 体幹の筋群とは、お腹周りの筋のことで腹横筋や腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋といわれるような筋群のことです。これらの筋群はすべて一部が肋骨に付着しています。

 首周辺の筋群も一部が肋骨に付着している筋も多いため、これらの首周辺の筋に力が入りすぎると肋骨が挙上位・下部肋骨では外旋位になりやすく、その下に付随する体幹の筋群の力が抜けやすくなります。

 首に力が入らないようにするためには、どのポジションでも腹式呼吸が行えることが大切です。または、体幹トレーニングの際に首を長く保つイメージを持つこともポイントです。

 

②肘の置く位置が遠すぎる(近すぎる)

 肘は体幹部から離れ過ぎていたり、逆に近すぎてもよくありません。

【肘の位置が遠すぎるフォーム】

 このように肘が遠すぎる場合には、体幹の筋群により負荷が加わりやすくなります。加えて肩や首に力が入りやすくもなります。

 肩・首が先に疲れてしまうのは、このようなフォームになっている可能性が高いです。

【肘の位置が近すぎるフォーム】

 反対に、肘が近すぎても身体全体は安定しません。このようなフォームでも肩や首に力が入りやすくなります。

 肘の理想的な位置は、両肘が両肩関節の真下です。肩の真下に置くと、関節のポジションも安定しやすくなります。

 

③顎(アゴ)が上がっている

 顎が上がっているフォームでは、首(頸椎)に過度なストレスが加わる可能性があります。首周辺の筋群にも力が入りやすくなり、このフォームでも体幹筋群の力が抜けやすくなる要因となる可能性があります。

 通常の理想的なプランクのフォームでは、アゴを軽く引いたポジションが良いとされています。顎を軽く引いたポジションは、首や肩周辺の負担を軽減させることができます。

 顎を引いた姿勢は、プランクのトレーニング以外のスクワットやデッドリフトなどの種目でも応用させることができます。

 鏡を見るために前方を見て姿勢やビジュアルを確認することも大切ですが、身体の構造的なことを考えると、顎を引いたポジションを作ることで安定した状態を作ることができます。

 何か意図して前方を向く以外は、基本的には顎を引いたポジションを意識することがおすすめです。 
 

④お尻が上がっている

 横から見るとくの字のような姿勢になっている状態です。

 このようなフォームでは、お尻の力も抜けていることが考えられます。また、同時に腰や背中が丸くなるケースもあり、腰に負担・ストレスが加わりやすい状態になります。

【お尻が上がっている(骨盤後傾)フォーム】


【お尻が上がって背中や腰が丸くなるフォーム】


 腰に対して伸張ストレスが加わり、腰痛の原因に繋がってしまう可能性も考えられる。

 お尻が上がってしまうフォームの人は、お尻の筋肉(大臀筋)に力を入れるイメージ「キュッと締める感覚」を持って実践してみましょう!

 すると、少しでもお尻の位置が下がってくると思います。

 もしくは、身体に1本の棒が入っているイメージで、頭から足先まで一直線のイメージを持って取り組んでいきましょう!

 

⑤腰が反っている

 腰椎が過度に伸展している状態です。腰が反ってしまうと腹部の力も抜けやすくなり、腰にストレス・負担が加わってしまいます。

 このままでトレーニングを続けていると、体幹を鍛えるトレーニングで腰痛になってしまいます。 

 プランクの体幹トレーニングで序盤は良い姿勢を保てても、持続時間が長くなって後半になると腰が反ってしまうケースも少なくありません。

 決して無理はせずに、ご自身の身体のレベルに合った負荷で実践するようにしましょう!

 腰が過度に反ってしまう人も軽く腹部に力を入れて、頭の先から足先まで一直線のイメージを持って実践してみましょう。

 

2 プランクで理想的なフォームを作る「3つ」のポイント

 プランクで正しいフォームを作るためには、以下3つのことを意識して実践していきましょう。

・両肩の真下に両肘を置く
・頭の先から足先までを一直線にする
・軽くアゴ(顎)を引いたポジションを作る

 意識すれば、簡単に実践することができると思います! プランクは「最初の姿勢を作る時間」がとても大切です。

 ずっと同じ姿勢をキープし続ける種目のため、最初のポジショニングが悪くなると修正・改善がなければ、ずっと悪いままです。場合によっては、痛み・不調の原因に繋がります。

 その点も踏まえた上で、まずは上記3つのポイントを必ず意識していきましょう!

 そして+αで意識すると、より体幹の安定性を高めることができるコツを2つお伝えします。

・お腹とお尻に軽く力を入れるイメージを持つ
・両腕で床をグッと押すイメージを持つ

 慣れてきたらこの2つのことも意識して実践してみて下さい!お腹とは、腹部で体幹筋群となる部位、お尻は臀部の筋群(主に大臀筋)です。これらの筋群に正しく力が入っていると骨盤周辺も安定しやすくなります。

 

3 レベル別体幹トレーニング【動画】

 

3 この記事のまとめ&最後に

 自宅トレーニングや体幹強化トレーニングとしてよく実践される「プランク」で起こる理想的ではないフォーム「ワースト5」と正しいフォームを作る「コツ3つ」について解説しました!

 これまでにも体幹に関する記事やYouTube動画はたくさん配信していますが、やはり障害予防や競技力向上において「体幹」という機能は非常に重要な役割を持っています。

 体幹は普段の日常生活から機能すべき、部位でもあります。正しく使えていないことで腰痛や肩の痛みを引き起こしている人も少なくありません。

 もし今回理想的ではないフォーム「ワースト5」に当てはまっている人がいれば、修正・改善してみて下さい。合わせて理想的なフォームを獲得するために必要なポイント・コツを抑えた上でプランクを実践してみて下さい。

藤元大詩/Taishi Fujimoto
フリーランス パーソナルトレーナー兼アスレティックトレーナー 。数年間パーソナルトレーニングジムに所属して、延べ年間1300以上のパーソナルトレーニングセッションを担当し、多くのクライアントのカラダに対する不調や悩みの問題を解消する。腰椎椎間板ヘルニアや分離症、脊柱管狭窄症、半月板損傷や靭帯損傷などの膝のケガ、糖尿病の方など…一般の方をはじめ、高齢者やスポーツ選手、アスリートへのトレーニング指導も担当している。

https://fujimototaishi.com/

【 体幹トレーニング】プランクで絶対やってはいけないフォーム【 ワースト5 】のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ