NEW

果糖から自分を守る!スーパーでの5つの簡単ルール

【この記事のキーワード】

こんにちは!
美姿勢トレーナーの和希です!

今回は

についてです!
果糖から自分を守る!スーパーでの5つの簡単ルール
スーパーから帰るとつい、いらない物まで買い物袋に入ってますよね。
誘惑が強い食材に限って甘味料まみれの食品の確率が高い。。。
そんなあなたに提案する
5つのスーパーでのルールを紹介します!


5つのスーパーでのルール
その1:空腹で買い物はしてはならない
まずはここから!
やはり空腹となると美味しそうなものをついつい手にとって買ってしまいがち。
まずは自分の感情や食欲をコントロールできるコンディションでスーパーに
戦いにいきましょう。

その2:生鮮食品売り場に直行する
スーパーの端にある生鮮食品売り場で買い物をする事!
真ん中の陳列棚に行ってしまったら無駄買いを・・・

その3:ラベルがついていない物を買う
「本物の食べ物」にはラベルがついていないし、必要がない。
ラベルを目にする回数が多いほど…

その4:腐らない食べ物は買わない
「本物の食べ物は腐る」これは良い事だ!
だがマイナス面もある事は確かだ。

①調理に時間がかかる
②本物の食べ物は腐るから永久に保存しておく事が出来ない
③本物は加工品よりも高い

その5:隠された糖分に用心する
糖質はうまく隠されている。
栄養成分表示ラベルでは、食品の原材料を含有量が多い順で
記載するように定められている。
しかし異なる形態の糖を使えば、多量の糖を忍ばせる事が可能だ。
こうすれば多量の糖を使いつつもラベル順を後方に持っていけるのだ。

食品業界はラベルに記載しないといけない糖質を隠すために
少なくとも40種類の呼称を使い分けている。


業界は利益を生むために商売をしている事を
忘れてはならない。
キャッチコピーなどはあなたの購買意欲を掻き立てるために
計算し尽くされた言葉だ。

本当にそうなのか。大丈夫なのか。
それをあなたに教えてくれるのはあなた自身でなければならない。

果糖から自分を守る!スーパーでの5つの簡単ルールのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ