NEW

腹筋ができなくてもできる、初心者向け腹筋エクササイズ「プランク」

【この記事のキーワード】

,

 今回は、腹筋ができなくても腹筋を刺激できる腹筋エクササイズ「プランク」を紹介します。

プランクの効果

 プランクは、お腹周りの引き締め、また肩周りの安定性の向上の効果が期待できます。

 筋力不足や柔軟性の低さ、お腹周りのお肉のせいで、腹筋(上体起こし)などのお腹を丸める動作が難しい人にオススメの種目です。

 

プランクのやり方

①うつ伏せになり、肩の真下に肘をつきます。

②膝とつま先を地面につき、お尻を浮かせます。

③最後に膝を地面から浮かせ、かかとから頭までが一直線になるように姿勢を維持します。

 もし、爪先立ちがきつい場合は、膝立ちで練習してみましょう。

 まずは30秒キープからスタートし、1分を目標に行ってみましょう。

 

プランクのポイント・注意点

・姿勢を維持している間は、お尻が落ちて腰が反らないように注意しましょう。気持ちお尻の位置が高くなってもOKです。

・肩がつらくなってしまう場合は、肩の真下に肘がきているか確認しましょう。

 インスタグラムでは動画で解説しているので、そちらもぜひご覧になってください。

佐藤聖也/Seiya Sato
渋谷のパーソナルジム「ととのえて、からだ。」所属のトレーナー。JHCA-FC、日本栄養コンシェルジュ協会-1つ星コンシェルジュを所持。「2019JBBF関東メンズフィジーク」168cm以下級、「2019JBBF東京選手権」フィジーク172cm以下級で入賞。セッションでは、ボディメイクを目的とした筋トレや食事指導を中心に行っている。

note
YouTube

腹筋ができなくてもできる、初心者向け腹筋エクササイズ「プランク」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ