NEW

筋肥大は伸張性を意識

【この記事のキーワード】

,

 こんにちは! パーソナルトレーナーの阿部です!

 本日お話しする内容は「筋肉を大きくする為の方法」です。

 何気なく筋トレしてる人って非常に多いと思いますが、それでは筋肉は大きく育ってくれません。

 何故なら、筋肉の収縮をテキトーにやるからです。

 筋肉の収縮とは短縮と伸張です。

 短縮は筋肉が縮みながら力を発揮し、伸張は筋肉が外力に耐えながら引き延ばされる状態。

 今回はこの中でも、筋肉が伸ばされる伸張について考えていきます。

 私は普段ジムでトレーニングをしているのですが、目に移るのは淡々と筋トレをこなす人達。

 トレーニングの重量は軽く、筋肉の収縮なんて全く考えていないご様子。

 これでは筋肉は付きません。

 当たり前です。

 では、どのように改善すべきなのか?

 それは、筋肉が収縮して伸張しているという感覚を意識的に感じる事です。

 よく、「筋肉と対話しろ」など言われますよね。

 ふざけたセリフのように思えますが、筋肉と対話=筋トレ中に筋肉を意識しろ
という事なんですよね。

 ですから、しっかり的を得たアドバイスなんです。

 何一つとして、無駄なアドバイスなどありません。

 こういった事を素直に受け止め、自分の力にする人が伸びる人です。

 では、実際に筋トレで実践するとどうなるかというと、例えば上腕二頭筋を鍛えるアームカール。

 肘を曲げる時は屈曲という動作になります。反対に、ダンベルを下ろす時を伸展と言います。

 この中でも筋肉の発達に大切なのは、伸展という動作です。

 よくない例を挙げると、肘を曲げてダンベルを持ち上げた後、すぐに『ストン!』と肘を伸ばしてしまう事。

 これでは筋肉の収縮を意識出来ていません。また、筋肉に対しての刺激が大きかったのも伸展動作になります。

 これから筋肉を大きくしたい方や、なかなか成長しなくて悩んでいる方は伸張を意識してみてください。

阿部 陸/Abe Riku
フリーのパーソナルトレーナーとして活動中!累計1000人以上のお客様を指導/筋トレダイエット初心者の味方初心者マーク/座右の銘右指差し『筋肉は最高のお洒落である』/寝ている間も筋肉の事を考えている”筋肉マニア”です。
Twitter @AbeRiku1

筋肥大は伸張性を意識のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ